2020年01月26日

中国で日本のテレビ番組の「マスクの正しい着け方」に反響

マスクの正しい着け方1.jpg

2020年1月23日、中国湖北省武漢市を中心に
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、
日本のテレビ番組で紹介された「マスクの
正しい着け方」が中国版ツイッター・
微博(ウェイボー)で反響を呼んだ。


あるネットユーザーが微博に投稿したのは、
バラエティー番組「教えてもらう前と後」が
紹介したマスクの正しい着用方法。説明する
のは医師の友利新さんで、マスクを着ける時
は半分に折って上下に広げること、あごと鼻
の付け根をしっかりと覆って顔とマスクとの
隙間をなくすこと、ウイルスが付着している
ためフィルターの外側を触らないこと、
1度外したマスクは捨てる意識を、
などの指摘があった。

これに対し、中国のネットユーザーからは
「着け方を教えてくれてありがとう」
「マスクを正しく着けることで最大の
予防効果が得られる」「こういうふうに
着けることを初めて知った」「拡散!」
などのコメントが寄せられた。

また、「1日1回ではなく、4~5時間に
1回換えるのがお勧め」「マスクを着ける
だけでなく、着用前の手洗いも」「マスクを
正しく着けて自分の体を守ろう」「使い終わった
マスクは熱湯か消毒液をかけて捨てるんでしょ?
ごみを回収してくれる人が被害に遭っては
ならない」という意見や、「マスクが買えない。
どうやって1日1回交換すれば?」
などの声も上がっている。

















posted by よろずけんこう at 07:37| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

新型肺炎、症状ありながら日本旅行へ=中国ネット怒り

新型肺炎4.jpg


中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス
による肺炎が拡大している問題で、日本で2人目
となる感染者が発見された。中国の
ネットユーザーからは感染者の行動に
怒りの声が上がっている。
Record China 2020年1月24日。


厚生労働省によると、感染したのは武漢市から
旅行で日本を訪れていた40代の中国人男性。
今月14日から発熱の症状があり中国の医療機関
を受診したものの、肺炎と診断されたなったため
19日に日本に入国。22日になっても症状が収まら
なかったため日本の医療機関を受診し、検査の
結果、24日未明に新型コロナウイルスへの感染が
確認された。男性は現在、都内の病院に
入院しているという。

新浪新聞の中国版ツイッター・微博
(ウェイボー)アカウント・頭条新聞が、
日本の報道を引用してこれを伝えると、
中国のネットユーザーからはさまざまな
声が寄せられた。中でも最も共感を集めて
いたのは、「(症状があった)19日に
旅行に行くとは。中国人が世界にウイルス
をばらまいていると言われても仕方がない!」
と怒りをあらわにするコメントだ。

ほかにも、「外国のネットユーザーがみんな
『中国人が元凶』と批判している。病気なのに
あちこちに行くんだから、全く反論の余地は
ない」「病気のままフランスに入国しようと
した中国人もいたな(※武漢市の女性。発熱や
せきなどの症状があったが、解熱剤を飲んで
入国。周囲の人から現地の中国大使館に連絡が
あり発覚)。金はあってもモラルはない」
「世界中に恥をさらした」「検疫を押し通った
感染者の治療はすべて自費で!」など、
批判的な声が続々と寄せられている。
















posted by よろずけんこう at 06:06| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

新型肺炎に便乗してマスク値上げ、良心は痛まないのか―中国

武漢・広州・上海でマスク品切れ2.jpg


2020年1月22日、毎日財経新聞は、
新型コロナウイルス肺炎の感染拡大に伴い、
一部の業者がマスクの価格を不当に吊り上げて
いることについて「良心が痛まないのか」
とするコラム記事を掲載した。

記事は、春節を前に新型コロナウイルス肺炎の
拡大が人びとの心を翻弄しており、各地で
マスクが短期間のうちに売り切れてしまう
現象が発生していると紹介。また、
「一部の心ない業者は大きく価格を釣り上げて
ぼろもうけを企んでいる」とした。

そして、広東省深セン市にある薬局で20日に
10枚入り10元(約160円)だった「医療用介護
マスク」が、翌21日には39.9元(約640円)に
まで上昇したほか、ECでは25枚入りの
N95マスクが119元(約1900円)から209元
(約3300円)、さらには1000元(約1万6000円)
にまで吊り上げるショップまで
見られたと伝えている。

そのうえで、このような業者による価格の吊り
上げに対し「非難や批判の声が多く聞かれる。
新型ウイルスが公共の安全に影響を及ぼそうと
及ぼすまいと、業者は社会的責任を負うべきだ」
と指摘するとともに、「このような現象が
マスクにとどまらず薬品、医療機器、衛生材料、
食糧などにまで蔓延してしまうことを
しっかり防がなければいけない」と訴えた。

記事は一方で、多くの薬局では
「1人2、3パックまで」とマスクに購入制限を
設けていると紹介。「これは供給の圧力を
和らげるとともに、より多くの消費者がマスク
を買えるようになる」とし、在庫切れを
起こすことなく、「使い終わったらまた
買えばいい」という状況を作ることで、
市民の焦りを和らげることができるとした。
















posted by よろずけんこう at 05:05| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする