2017年12月13日

中国人観光客は「これ」の食べ放題に夢中、タイ人あきれる!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201701/20170109-03573112.jpg


2017年12月10日、鳳凰網は、タイのネットユーザーから

中国人観光客への皮肉の声があがっていると伝えた。


中国では近年、海外旅行に出かける人が右肩上がりに増加。

特に、若者の間では一種の「流行」になっていて、

中には借金をしてまで海外旅行に出かける人までいるという。

中国人に人気の目的地として、日本と並んで評価が高いのが、

物価が安く、距離的にも近い東南アジアのタイ。

しかし、記事によると中国人観光客のある行動が、

タイのネットユーザーの批判の対象になっているという。


記事は、中国人観光客のタイ旅行の目的に、

「文化や風情を味わうこと」などとともに「フルーツ」を挙げる。

中国人は果物好きが多く、タイには多くの種類のフルーツがあり、

現地でしか味わえないものもある。

そのため、中国人観光客にとってタイ旅行でフルーツを食すことは

「絶対に外せない」のだという。


タイでは中国であまり見られない「フルーツバイキング」が

あちこちにあり、中国人に人気。しかし、

その「食べ方」が問題視されているようだ。

記事によると、先日、食べ放題のフルーツに殺到する様子が

タイのネットユーザーの間で話題となり、

「中国人観光客は本当に欲張りだ」

「毎回、食べる量が半端じゃない」など、

皮肉るようなコメントが寄せられたそうだ。


記事は、「このことから、中国人は実はそれほど

歓迎されていないことが分かる」としている。

各国政府が中国人観光客の呼び込みに躍起になっているものの、

現地の人とは温度差があるようだ。

















posted by よろずけんこう at 08:27| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

アメックス、来春から購入時のサイン不要!不正防止策が向上


https://www.cnn.co.jp/storage/2017/12/12/ecae5c21c6d2d0b9c49cccba0b453e88/creditcard-sign.jpg


ニューヨーク(CNNMoney) 米クレジットカード大手、

アメリカン・エキスプレス(アメックス)は11日、

店舗での購入時に顧客に求めていたサインの記入について、

来年4月から廃止する方針を明らかにした。

不正防止策の向上によって、サインの必要性が低下したとしている。


アメックスは声明で、支払い環境の変化によって、

顧客の手間を省くことができるようになったと指摘。

同社はまた、不正防止策の進展により、

詐欺行為に対抗するための手段としては

サインはもはや必要がなくなったと述べた。


アメックスはすでに米国では50ドル(約5600円)未満の

買い物についてはサイン記入を停止している。

米国以外でも金額に違いがあっても、サインを求めない国もある。

アメックスによれば、米国以外では、

サインの利用がすでに一般的でない国もあるという。


小売り世界大手の米ウォルマートも、

こうした取り組みに賛意を示している。


データ分析企業エクスペリアンによれば、

顧客がサインを記入するのにかかる時間は数秒間だとしても、

サインを求めたり管理したりするのに店側にはコストがかかる。

また、わずか数秒とはいえ、支払いに関する

プロセスがスピードアップすれば、費用の削減や

顧客とのトラブルの抑制につながる可能性があるという。

















posted by よろずけんこう at 07:58| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

世界1位だった韓国造船業、7万人が職を失う危機的状況に!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201712/20171211-035148381.jpg


2017年12月10日、韓国・MBCは、世界1位を誇っていた韓国の造船業が

世界的な不況により数万人が失業する事態に陥っているが、

明らかな解決策は見つかっていないと指摘した。


1945年に設立された韓国第1号の民間造船会社である

大鮮造船の今年の受注量は14隻で、昨年の2倍に増加した。

それにもかかわらず、今年は100億ウォン(約10億円)もの

赤字が予想されている。最近2年で船舶の価格が

約30%暴落して製造原価を大きく下回り、

製造するほどに損失が増える状況なのだという。

それでも再生する可能性があり、大鮮造船は会社の

売却広告を出したものの、いまだに売却先は見つかっていない。

その間に協力会社を含めると約500人が造船所を去ったという。


また、STK造船の存廃危機に直面した慶尚南道・鎮海地域の

造船所の状況はさらに悪く、協力会社を含めて最近2年で

約7万人が職を失った。造船所近くの商人らも客の急減に

頭を抱えているという。業界ではこの不況があと2〜3年は続くと

予想されている。これを受け、韓国政府は構造調整ファンドをつくり、

来年初めから中小造船会社に1兆ウォン(約1000億円)を

支援することを決定した。


この報道に、韓国のネットユーザーからは

「うまくいっている時に対策を講じておくべきだった」

「安い人件費競争において中国やシンガポールに押されている上、

他に特化した技術はない」「正直、韓国はすでに滅びた。

人口も少しずつ減っていくし、国民の生活はもっと苦しくなる。

今後の見通しは暗いというのが現実」など

悲観的なコメントが多く寄せられている。

中には「造船だけか?自動車業界も危ない」

「次は自動車の番。覚悟しておいた方がいい」と懸念する声も。


また、政府が支援を決めたことについては

「うまくいっている時は利益を独占するのに、

つらい時は国民の税金で支援?」「今の政府は

お金を無限に湧き出てくるものと勘違いしているのでは?」

など否定的な意見が多くみられた。

















posted by よろずけんこう at 06:28| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする