2016年02月29日

日本水産庁が中国漁船を拿捕!中国ネットユーザーが意外な反応?


http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=20160225-05235704.jpg&s=500746&u=


2016年2月24日、日本で中国漁船が拿捕(だほ)されたことに、

中国のネットユーザーが興味深いコメントを寄せている。


中国紙・環球時報は、日本の報道を引用して、

水産庁九州漁業調整事務所が23日、「漁業主権法」違反の疑いで

中国漁船1隻を拿捕したと伝えた。同漁船は、

日本の排他的経済水域(EEZ)で操業したが、

操業日誌に漁獲量などの記録を付けていなかった

船長の江再超(ジアン・ザイチャオ)容疑者は

「日本のルールが厳しいことは知っていた」などと話し、

容疑を認めているという。


この報道に、ネットユーザーから寄せられたコメントで

最も評価が高い(“いいね”が多い)のは「該」というひと言。

これは中国語で「当然だ」や「ざまあみろ」といった意味を表す


このほか、「もともと違法」「やはり日本人は良い」

「漁船はいわゆる漁船ではない。戦争になった時の先鋒(せんぽう)で、

人の壁のようなもの。平時は情報収集を行っている。

ソ連もそうしていた」といったコメントや、

「中国海洋警察は何をしている?」とのコメントに対する

「中国の海に外国の漁船が入ってくると思うか?」

という返信も評価が高く、意外にも反発の声は少なかった






















ラベル:操業日誌
posted by よろずけんこう at 14:01| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

ベイルート郊外に長大な「ゴミの川」!


http://www.cnn.co.jp/storage/2016/02/28/915c8f705e5c904448a610101a87df9e/beirut-garbage-cnn.jpg


レバノンの首都ベイルート郊外のジュディデ地区で

数百メートルに渡ってゴミの袋が積み重なり、

「ゴミの川」を思わせる奇怪な光景が出現した。


ベイルート市当局が昨年7月、代替地も確保せず、

主要なゴミ処理場を閉鎖したことの後遺症となっている。

これ以降、市内の路上にゴミの袋が堆積し始め、

業を煮やした住民らが抗議活動を起こし、

軍兵士が派遣される騒ぎも起きていた。


「ゴミの川」は4カ月前、複数の住宅用建物近くの場所を

間に合わせのゴミ捨て場としたのがきっかけだった。

行政当局が対策を打ち出せない中で、

ゴミ袋が増え続ける結果となった。


周辺住民は悪臭や不快な光景に悩まされる他、

有毒物質が原因の目の痛みなどの健康障害を懸念。

降雨の場合、有毒物質が地下水に染みこむことも心配している。

猛暑が続く夏になれば問題がさらに悪化することへの不安も抱えている。


この中でロシアへのゴミ輸出計画を提案した

英国企業と契約した際は、事態解決の道筋も見えていた。

しかし、計画はロシア側と合意した最終期限までの書類手続きが終わらず

ご破算となっていた。輸出計画に代わる方策は現在ないという。


レバノンのゴミ処理危機は同国で続く政治的な沈滞に起因する

数多い問題の1つとなっている。同国は広範な宗派勢力を抱え、

政治的権限などは各宗派間で比例して分け合う慣例が定着している。


議会では各派間の対立が続き、2014年の5月以降、

新たな大統領を選出出来ない事態となっている。

水道や電力供給のサービスも悪化し、汚職の告発も多発している。


レバノンはまた、内戦下にある隣国シリアから退避してきた

100万人以上を救援する負担も抱えている。






















ラベル:奇怪な光景
posted by よろずけんこう at 09:31| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

韓国の機械式駐車場、進入した車がそのまま落下!


http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2016/02/001114.jpg


2016年2月24日、韓国ソウル市内の機械式駐車場で、

機械の誤作動により乗用車が地下に落下しそうになるという

驚きの事故が発生していたことが分かった。


先月4日、ソウル市大方洞にある機械式駐車場で、

運転手のAさんは「進入可能」を意味する

青信号が点灯していることを確認し、駐車場の中に入った。

しかし、駐車場の内部は床がない状態で、車はそのまま地下に落下

幸い、車の後ろの部分が入り口部分に挟まったが、

数分後には窓にひびが入り始めたという。

後部座席で悲鳴を上げる子供と目の前が真っ暗な状態のAさんは、

救助隊が駆け付けるまでの約20分間

恐怖の暗闇の中に閉じ込められた。


Aさんは「事故の衝撃で今も精神的に不安定な状態が続いているが、

管理会社や建物主は責任を否定しており、

何の補償も受けられずにいる」と明らかにした。


これについて、韓国のネットユーザーは

「小さい車なら墜落していただろう」

「被害者はいるのに加害者がいない?そんなのおかしい」

「機械式駐車場の事故は今回に限ったことではない。

被害者を守る法律をつくるべき!」などのコメントを寄せた。






















ラベル:青信号
posted by よろずけんこう at 08:11| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする