2016年08月31日

「中国人はもうお断り」、名門大学に受け入れ中止の動き!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201608/20160829-03558022.jpg


2016年8年28日、米華字紙・世界日報によると、

米国の名門大学各校では、毎年夏休みになると

多数の中国人学生が見学プログラムに参加してキャンパスを訪れるが、

その受け入れを取りやめる学校が出てきている。


中国人学生の受け入れを取りやめるのは、

「その数があまりに多いため」だという。

プログラムを組んでいる業者によると、

プログラムは大学が1時間ほどの内容で実施してものだが、

実際にはキャンパス見学は単なる名目にすぎず、

事実上の観光目的になっているという。


各地の大学で中国人学生を乗せた観光バスが

キャンパスをひっきりなしに出入りしている状態となっている。

1カ月前でも予約ができないほど多くの人が訪れており、

大学の受け入れ能力をオーバーしている


さらに、見学を希望する人の低年齢化も進んでおり、

騒音の原因になっているほか、ごみの投げ捨てなどの

マナーを欠く行動が目立つようになり、

子ども同士のけんかが起きてしまい、

見学が中止になったケースもある。


有名大学の見学を希望する人が急増した背景について、

見学プログラムに参加した中国のある銀行員は、

「もし『米国でどこに行った?』と聞かれた時、

誰も知らないような場所では

自慢できないからではないか」と話している。























ラベル:キャンパス
posted by よろずけんこう at 13:39| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

阪急三番街「かわいい水族館」32年の歴史に幕!


カラフルな魚が泳ぐ水槽が並び、待ち合わせ場所としても知られる

大阪・梅田の商業施設「阪急三番街」(大阪市北区)の

「かわいい水族館」が31日、約32年の歴史に幕を下ろす。

街中の癒やしスポットとして通行人の目を楽しませてきたが、

来春をめどにリニューアルされる。

水族館としての再開予定はないといい、

魚たちとの別れを惜しむ声が上がっている。


大勢の通勤客や買い物客が行き交う阪急三番街。その北館1階の通路

約30メートルに沿って並べられた6個の水槽が、かわいい水族館だ。


昭和59年、阪急三番街の15周年を記念して設置された。

水槽は1個あたり縦1・5メートル、横2・9メートル、

奥行き1・6メートル。無料でさまざまな魚を観賞できるとあって、

次第に人気の待ち合わせ場所となった。


水温は23~28度に保たれ、海水魚と淡水魚合わせて約50種類、

約2千匹が飼育されている

淡水魚の中でもひと際大きいレッドコロソマは、

20年ほど生きている“ご長寿”。

イエローシクリッドは繁殖を繰り返し、

水槽内にひしめき合うほど増えた。


定期的にダイバーが水槽に入って掃除をしてきた。

昨年秋まで約30年にわたって担当した清水宏晃さん(62)は、

興味深そうに眺める子供たちと水槽越しに

「あっち向いてホイ」をして遊ぶなど触れ合いが楽しみだったという。


 最終日も特別なイベントはなく、静かに姿を消す水族館

近くに掲げられた案内板を見た人々から

「残念」といったつぶやきが漏れる。

魚は各地の水族館などに引き取られる。


施設を管理運営する阪急阪神ビルマネジメント(大阪市)によると、

平成29年春には新名所となるような姿に生まれ変わる予定で、

「今冬には概要を明らかにする」としている。


                    産経新聞 8月30日。






















ラベル:大阪・梅田
posted by よろずけんこう at 09:22| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

香港の海岸を埋め尽くしたごみ!中国の違法投棄だった!


http://stat.ameba.jp/user_images/20160807/22/masa-universe/8f/8f/j/o1440108013717613008.jpg?caw=800


2016年8月28日、RFI中国語版サイトによると、

香港でごみ満載の中国船が摘発された。

香港海岸のごみ漂着との関係が疑われている。


先月初頭、香港の海岸に大量のごみが漂着し話題となった。

ごみには簡体字が表記されたものが多く、

中国が出所と思われる。流入ルートの解明が急がれていたが、

このたび有力な手掛かりが得られた。


広東省中山市でごみを満載した漁船が摘発された。

総量は288立方メートル。ほとんどがプラスチックごみで、

一部に破砕された家具なども含まれていた。

海上で不法投棄する目的とみられている。

広東省近海ではこうした不法投棄が相次いでおり

海洋汚染を引き起こしているほか、

漁業にも大きな被害をもたらしている。

ある漁民は「網を入れてもごみばっかりがひっかかる。

網の手入れに人を雇わなくてはならず、

とても仕事にならない」と悲鳴を上げている。






















posted by よろずけんこう at 08:27| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする