2017年01月31日

日本はすでに宇宙軍事国になっている?中国ネット


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201701/20170128-06275133.jpg


2017年1月28日、中国のポータルサイト・今日頭条に、

「日本はすでに宇宙軍事国になっている」と主張する記事が掲載された。


記事は、1969年に成立した宇宙基本法で、

日本の宇宙開発・利用は平和目的に限ると定めているものの、

最近の日本政府は軍備を解禁しつつあり、

軍事利用での宇宙開発の速度を速めていると主張。

日本は情報取集、GPS衛星、軍事通信等の方面を推進しており、

事実上の宇宙軍事強国になっていると主張した。


これに対し、中国のネットユーザーから

さまざまなコメントが寄せられた。


「中国が全面的に日本を超えるには1世紀かかる」

「日本は経済大国というだけではなく、科学分野でも世界の強国であり、

軍事面でも強い」


「中国国産化した多くの電子や自動車に日本のものが使われていることを

忘れるべきではない」

「日本は黙って軍事を強化し科学分野でトップレベルになっているが、

中国は2流の技術と演技を導入して世界を驚かせている」


「日本人に対して過度に恐れる必要はない。

中国は思い上がらなければそれでいい」

「三大宇宙大国を脅かすほどではないにしても、

日本の意図はよろしくない。やはり警戒すべきだ」


「日本が宇宙大国だって?日本は有人飛行を成功させたか?

宇宙ステーションはあるのか?」

「でも俺たちは素手で日本の軍人を引き裂けるから恐くない」


「日本のロケット技術は中国より進んでいる。

それでも日本が弱いと思っているのは、

中国中央テレビのニュースの中では中国は強いからだ」



















posted by よろずけんこう at 08:44| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

米スターバックス、難民1万人雇用へ!米大統領令に対抗!


http://www.cnn.co.jp/storage/2017/01/30/f6b79bb16f33624e6e8a6d2d4a18fdd6/starbucks-cup.jpg


ニューヨーク(CNNMoney)

米コーヒーチェーン大手のスターバックスは29日、

進出先の75カ国で今後5年の間に難民1万人を雇用する計画を発表した。

イスラム教国7カ国から米国への入国を禁止した

トランプ米大統領の大統領令に対抗する。


スターバックスのハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)は

従業員への通知の中で、「私たちは前例のない時代に生きている」と

位置付け、複数の対抗措置を掲げて

「世界中のパートナーの信念を裏付ける」と表明した。


難民の採用はまず、通訳など米軍を支える役割を果たした人材を優先する。


シュルツ氏はまた、子どもの時に不法移民として入国した人の

運転免許取得や大学進学、雇用を支援する制度を支持すると改めて表明。

メキシコに対する貿易制裁や移民制限、税金などが提案された場合は

「メキシコの顧客とパートナー、そしてその家族を助け、支える」と言明した。


「私たちは人の心と1人の人、カップ1杯、

そして1つの地域を同時に奮い立たせて育むビジネスを展開している」

「それは今後も変わらない。約束する」。シュルツ氏はそう記している。


入国禁止の大統領令に対しては、企業経営者からも批判の声が相次いでいる。

ゼネラル・エレクトリック(GE)のジェフ・イメルトCEOも29日、

従業員への通知の中で大統領令に「懸念」を示し、

GEは禁止対象の国にも多数の従業員がいると指摘した。


インターネット大手各社の経営者も入国禁止を公に非難していた。



















posted by よろずけんこう at 07:58| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

韓国・平昌五輪の成功を、「生命の木」、海外から不評の声!



http://videoclip.club/wp-content/uploads/2017/01/17285.jpg


2017年1月27日、2018年に開催される

韓国・平昌冬季五輪の成功を願って作られた「生命の木」が、

海外のネットユーザーの不評を買っている。


米メディアがこのほど公開した「生命の木」の映像に、

海外のネットユーザーは「どうせ五輪終了後に捨てられる。税金の無駄」

「生命の木だって?僕には滑稽(こっけい)に見える」

「核爆弾のキノコ煙に見えるのは私だけ?」

「本物の木を植えた方がよかった」などのコメントを寄せた。


また、韓国のネットユーザーも、

「本物の森や古い木は破壊したくせに」

「たかが五輪のために生態系を破壊し、奇妙なものを設置したのか?」など、

平昌五輪のスキー場を作るために加里王山の

「500年保護林」が伐採されたことを挙げて「生命の木」を批判した。


11日に公開された「生命の木」は、韓国の山林組合中央会が昨年、

約5億ウォン(約4900万円)の費用、約8カ月の期間をかけて完成させた。

高さ33メートル、幅21メートル、直径11メートルの大きさを誇る

「生命の木」には約40万個のLED電球が使われている。



















posted by よろずけんこう at 06:28| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする