2017年05月03日

中国の不動産価格はどんな方式で下落?日本式?米国式?香港式?


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201703/20170321-03588209.jpg


2017年4月30日、中国メディアの新財富が中国の不動産価格は

どんな方式で下落するかについて分析する記事を掲載した。


記事は、値段の付いた商品で値上がりし続けて値下がりしないものは

世界に1つもないと指摘。不動産価格も値上がりした後に

値下がりするのは正常なことで、

バブルであるなら必ずはじけるとした。


では仮にバブルがはじけて値下がりした場合、

どのような形態になるのだろうか。記事は、

日本式となった場合、不動産価格が下落したら

それは体の一部を切り取られるほどのダメージとなり、

永遠に回復することはできなくなると分析。

実際、日本は20年たった今でも元通りになっていないとした。


では米国式の値下がりはどうだろうか。

米国の場合、重病を患って半死したようになるが、

各種の栄養補給をするなど一連の治療を受けて、

10年かけて健康を取り戻すことになるとした。

香港式の場合、自動車事故に遭ったかのようで、

一時は重症になるものの、3〜5年すると再び元気になり、

今では飛び跳ねるようになったとした。


これに対し、中国のネットユーザーから

「中国は社会主義国家だから不動産価格が下落することはない」

「値下がりはしないよ。ちょっと調整があっても下がることはない。

政府がそれを許さない」「下落はしないだろう。

政府は不動産に縛り付けられているのだから」など、

不動産価格下落はあり得ないというコメントが多数を占めた。


しかし、「ベネズエラ式になるだろう」

「ローマ式の滅亡になると思う」などの悲観的な意見も散見された。



















posted by よろずけんこう at 08:26| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

異物混入>ボルヴィック370万本を自主回収!


https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/05/02/20170502k0000e020256000p/6.jpg?2


キリンビバレッジは2日、ミネラルウオーター

「ボルヴィック」にプラスチック片が混入している

可能性があるとして、九州・沖縄を除く

全国で販売されている約370万本を自主回収すると発表した。


同社によると、対象となるのは、賞味期限が2019年10月の

500ミリリットル入りペットボトル。

フランスの製造工場で、水の充填(じゅうてん)機の部品が破損し、

容器内にプラスチック片が混入したことが原因とみられる。

プラスチック片の材質はポリエチレンだが、

充填する際に、ミネラルウオーターと接している部品でもあるため、

同社は「成分には影響を与えない」としている。


一方で、プラスチック片に気づかずに口に入れた場合に、

口の中を傷つける可能性があるため、自主回収することを決めた。

これまでに健康被害の報告はないという。


同社は「多大なるご心配とご迷惑をおかけしますことを

深くおわび申し上げます。今後このような事態が

発生することのないよう、再発防止に向けて、

より一層の品質管理の徹底に努めていく」と謝罪した。


毎日新聞 5/2(火) 。



















posted by よろずけんこう at 07:54| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

中国の国産空母、「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201704/20170428-03592731.jpg


2017年5月1日、環球網は記事

「中国国産空母は1950年代の設計」を掲載した。


仏国際関係戦略研究所公式サイトは4月28日、

中国国産空母に関する分析記事を掲載した。

中国史上最大の艦艇となった国産空母だが、

航空機の離陸時に使われるカタパルトがないこと、

通常動力であることなど、

その装備は1950年代のレベルにとどまっているという。


中国は南シナ海や東シナ海、

太平洋の一部地域で敵対勢力を排除する

軍事力を身に付けようとしており、

そのために空母は必要な存在だ。

しかしカタパルトがないため重武装の軍用機は離陸ができず、

敵艦艇を攻撃する能力には乏しい。

米国の原子力空母と比べれば、

その差は数十年という大きな開きがある。



















posted by よろずけんこう at 06:25| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

SNH48の姉妹グループ、BEJ48とGNZ48が1周年!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201705/20170501-04492958.jpg


2017年4月29日、SNH48の姉妹グループとして誕生した

BEJ48とGNZ48がそれぞれ、デビュー1周年を迎えた。

新浪が伝えた。


BEJ48は北京市、GNZ48広東省広州市を拠点にするアイドルグループ。

12年に上海で誕生したSNH48の姉妹ユニットとして、

昨年4月29日にデビューしている。


BEJ48はこのほど、北京の星夢劇院で1周年記念イベントを開催。

この日は2期生15人がお披露目され、メンバー数が64人へと拡大。

さらに3期生の募集も正式にスタートしている。


GNZ48はデビュー当日となった4月29日、

広州市の星夢劇院で同じく記念イベントを開催。

所属3チームが勢ぞろいしてのパフォーマンスを披露した。

また、この日は過去1年間の公演の中から、

特に貢献したメンバーを選ぶ「劇場MVP」も発表され、

チームGの謝蕾蕾(シエ・レイレイ)、

チームNIIIの鄭丹[女尼](チェン・ダンニー)、

チームZの王盈(ワン・イン)と、

それぞれチームを引っ張る人気メンバーが選出されている。



















posted by よろずけんこう at 05:50| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする