2017年05月11日

お金がない!寄付と中国人観光客を哀願する平昌五輪!中国ネット


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201703/20170315-03587500.jpg


2017年5月10日、中国のポータルサイト・今日頭条が、

平昌五輪は資金不足に陥っており、

寄付と中国人観客の訪韓を哀願していると伝えた。


記事は、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐって

中韓関係が冷え込んだ際、韓国メディアは中国に対して

「文句があるなら韓国へ来るな」との論調であったのが、

ここにきて「180度変わった」と指摘。4月初めには

「中韓関係は良好であり、中国人韓国客の訪韓を歓迎する」

との論調になったといい、2018年の平昌冬季五輪に

多くの中国人が観戦にやってくることに期待を示したという。


その理由について記事は、中国人旅行客の減少で

韓国経済の悪化が顕著になったことが主な理由だと分析。

これに加えて、平昌五輪は大きな赤字を出していることも関係しているという。


そのため、平昌五輪の組織委員会はメディアを通して

韓国企業に対し寄付を募っているという。しかし、

多くの韓国企業が五輪での利益は見込めないと考えていることや、

02年のワールドカップ(W杯)や14年のアジア競技大会など、

過去に開催した国際的競技大会での評判が良くなかったため、

平昌五輪もよい評判とはなっておらず、寄付が集まらないようだ。


これに対し、中国のネットユーザーから

「開催できないならしなくていいよ。中国はいつでも開催できる。

韓国人が訪中する必要もない」、

「THAADを渡す米国か、経験豊富な日本に頼めば?」などの意見が寄せられた。


また、「ゴールデンウィークの休みに5000人もの中国人が韓国へ行ったのに、

それでもまだ足りないというのか?」

「絶対に韓国には行かない。お金を無駄にはしない」などのコメントもあった。



















posted by よろずけんこう at 14:55| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

日本で中国人が中国人をぼったくる!その驚きの手口とは?


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201705/20170510-04693959.jpg


2017年5月8日、中国メディア・海聞社によると、

日本を訪れる中国人観光客は増え続けているが、

その中国人観光客をカモにする闇ガイドの

悪質な手口を日本のテレビ局が暴露した。


闇ガイドとして中国人を食い物にしているのは、同胞である中国人。

日本を訪れたツアー客を免税店に連れて行き、

あることないことを言って丸め込み、

高額な商品を買わせているという。ある民間団体の調べでは、

こうした免税店の売り上げは数年で10倍にも増え、

年間数百億円もの売り上げを得ている。


ツアーの間、闇ガイドは何度も「日本では値段はどこでも同じ。

観光庁が決めている」「店を見て回る必要はない」

などと自分たちに都合のいいように観光客を

洗脳するような言葉を繰り返し、移動中のバスでは

「世界で唯一ノーベル賞を受賞した」という日本の化粧品を売り込む。

関西から関東へ移動し、最後に東京で免税店に連れて行き、

高額商品を買わせるのだという。


中国人観光客が増加するにつれ、詐欺事案も急増。

こうした悪質な手口に対し、

中国大使館も日本を訪れる観光客に向けて注意を促している。


この報道に、中国のネットユーザーからは

「思い返すと、初めて日本に行った頃はこんなだった。

免税店は中国人ばかり」

「中国人が中国人をだましているということが問題だ」

「中国式のひどい旅行は、国内だけじゃなくて、

世界各地に広がっている」などのコメントが寄せられた。



















posted by よろずけんこう at 14:27| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

アラン・ドロン、俳優引退へ!フランスが誇る美男の代名詞


http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/d/500x400/img_6ddedb3482668c14b13e0344bd21f744118395.jpg


【AFP=時事】「史上最高の美男俳優」の一人と称される

フランスの人気俳優アラン・ドロン(Alain Delon、81)が9日、

間もなく俳優業から引退すると宣言した。


ドロンはAFPの取材に対し、最後に映画と舞台作品に

それぞれ1本ずつ出演してから引退する意向を表明。

「この歳だし、ここまで俳優としてやってこれたし、もう終わりにする。

(中略)人生の終わりではないが、キャリアの終わりだ」と述べた。


ドロンは1960年代初め、『太陽がいっぱい(Plein Soleil)』や

『山猫(The Leopard)』といった名作で

美しく若き殺人犯や策略家を演じ、名声をつかんだ。

また、マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)や

スティーブン・ソダーバーグ(Steven Soderbergh)ら

ハリウッド(Hollywood)の映画監督たちは、

ドロンが1969年の『サムライ(Le Samurai)』で

知的な殺し屋というキャラクターのひな形をつくったと評している。


ドロンは2000年にも一度、銀幕を退いたが、

8年後に『Asterix at the Olympic Games』の

ユリウス・カエサル(Julius Caesar)役で復帰。

「考えを変えないのは愚か者だけだ」と語っている。

ただ、ドロンはAFPに対し、今回の引退は本物だと述べている。


フランスの著名な映画監督パトリス・ルコント(Patrice Leconte)が

メガホンを取る最終作では、

自身のイメージと重なるキャラクターを演じるという。


ドロンは「脚本はほぼ仕上がっている。

素晴らしいラブ・ストーリーだ。題名はまだついていないが、

役は私自身にかなり近い」と述べ、

「私くらいの歳の、少し気分屋で、気難しく、怒りっぽい男が、

人生の最後に愛を見つける」物語だと明かした。


相手役はジュリエット・ビノシュ(Juliette Binoche)で、

ドロンは「素晴らしい女優」と評している。


                AFP=時事 5/10(水) 。



















posted by よろずけんこう at 13:46| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする

日本のフルーツは超高級品!外国人観光客がビックリ!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201705/20170508-04693738.jpg


2017年5月5日、日本ではフルーツは超高級品として扱われており、

外国人観光客はその価格に驚くという。

中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。


スペインの通信社・EFEによると、

東京の高級フルーツ店では1粒400ユーロ(約5万円)もするイチゴや

200ユーロ(約2万5000円)もするマンゴーにメロン、

14ユーロ(約1700円)もするリンゴなど、

とても一般人には手の出ない高価なフルーツが売られている。


さらに、高級ブドウ「ルビーロマン」は1粒3万6000円、

1房で110万円という価格もついた。

石川県の生産者が作り出したもので、

年間2400房しか出荷されない。


日本ではフルーツはおいしいだけでなく、

見た目も美しいことが重要視されることから、

これほど高価になるという。


日本でもすべてのフルーツがこのような超高級品ではないが、

日本では全体的に値段が高く、フルーツの消費量は少ない。

農林水産省の統計では、日本人のフルーツ消費は

欧州連合(EU)の半分程度で、

スーパーでも3000円のメロンや5000円のマンゴーが店頭に並んでおり、

日本を訪れた外国人を驚かせている。



















posted by よろずけんこう at 09:14| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

この道30年のベテラン物乞い、地元に家2軒と車1台!中国


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201705/20170507-06293633.jpg


2017年5月7日、中国メディアの財経網は

中国の職業物乞いについて紹介する記事を掲載した。


遼寧省瀋陽市に最近になって突然物乞いが現れた。

強い日差しの中、布団にくるまった病人のような人の両脇で、

2人の人がひたすら頭を下げて物乞いをしていた。


記者が職業としての物乞いではないかと追及したところ、

この物乞いはあっさりと「そうだ」と認めた。

調べによると、この物乞いは地元の安徽省には2件の家を所有しており、

1軒は約3万元(約50万円)以上、

もう1軒は十数万元以上(百数十万円以上)かけて建てていて、

周辺でもかなり豪華な家だという。

さらに自家用車としてフォルクスワーゲン・ラヴィーダも

所有しているという。


この物乞いは張興発(ジャン・シンファー)という名前で、

昨年にも山東省済南市で物乞いをしている時に、

メディアによって職業物乞いだと暴露された経緯があり、

この道30年以上のベテランだ。


これに対し、中国のネットユーザーからは

「だまし、偽物。中国的特色だな」

「これこそ社会主義の優越性であり、偉大なチャイナドリームだ」など、

皮肉を込めたコメントが多く寄せられた。


しかし、「これは危険な職業だろう。毎日道路の塵と細菌を吸うし、

まったくメンツのない職業だ。誰でもできるわけではない」

「物乞いは職業だ。人の物を盗むわけでもなく

他人の生活に影響はない。体力と人としての尊厳を売って稼いでいるんだ。

何か問題でもあるのか?」など、肯定的な意見も少なくなかった。



















posted by よろずけんこう at 08:48| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

“奇跡のシェフ”神尾哲男さん死去!がん闘病14年生き抜いた!


http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/05/10/jpeg/20170509s00042000246000p_thum.jpg


発売2カ月で15万部のベストセラーとなった

「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」(幻冬舎)の著者で、

フレンチシェフの神尾哲男(かみお・てつお)氏が

入院中の前橋市内の病院で4日死去した。64歳。北海道出身。

末期がんと診断されながら、独自の食事療法を続け

14年にわたりがんを抑え込んだことから

“奇跡のシェフ”としてマスコミに取り上げられた。

葬儀・告別式は11日午後0時半から、

前橋市斎場で営まれる。喪主は妻真木子(まきこ)さん。


著書の担当編集者によると、先月末に体調を崩して

前橋赤十字病院に入院。真木子さんから「持ち直した」と

知らせを受けたが、容体が急変したという。

入院中は「これからが神尾の人生だ」と話し、

“生きる”ことに執念を見せていた。


著書によると、51歳の時にステージ4の前立腺がんと診断され、

医師からは「生きているのが信じられない」と言われたという。

その後、手術、抗がん剤投与などの治療をしたが、

好転しなかったことから「俺は料理人。食事でどうにかしよう」と決意。

前橋市で飲食店「レストラン&ライブ ポコ」を開業しながら

食事を徹底的に見直し、地元産の旬の素材を取る、

生命力の強い野菜を食べるなどを実践していた。


編集者は「神尾さんはざっくばらんで、温かい人柄だった」。

新企画に着手する予定もあったといい

「本人もやる気だったのに」と残念がった。


                 スポニチアネックス 5/10(水)。



















posted by よろずけんこう at 07:28| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

<食中毒>アニサキス 生の魚介類で猛威!10年で20倍


https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/05/09/20170509k0000m040082000p/7.jpg?1


生の魚介類に付いている寄生虫「アニサキス」による食中毒の報告件数が

急増している。厚生労働省の統計によると、

2007年は6件だった報告件数は16年に

20倍以上の124件に増え、食中毒の原因物質としては

ノロウイルスとカンピロバクター菌に次いで3番目に多い。

「報告は氷山の一角」との指摘もあり、専門家が注意を呼び掛けている。


アニサキスは、幼虫(体長2~3センチ)が魚介類の内臓に寄生し、

鮮度が落ちると筋肉に移動しやすい。人がそれを生で食べると、

数時間後から激しい腹痛や嘔吐(おうと)などの症状が出る。

原因食品はサバが最も多く、サンマやサケ、アジ、イカなどでも起こる。

シメサバによる報告も目立つように、酢では予防できない。


ここ10年ほどの報告急増は、13年から法令改正で

アニサキスによる食中毒が届け出対象に明示されたのも一因だが、

背景にあるのが生の魚介類の流通の多様化だ。

大手の量販店や鮮魚専門店が市場の競りを介さず

産地の業者から直接買い付ける「相対取引」などが盛んになり、

消費者の口に入るまでの経路が複雑になっている。


国立感染症研究所の杉山広・前寄生動物部第二室長が

約33万人の診療報酬明細書(レセプト)のデータを使って

推計したところ、年間発生数は約7000件に上った。

杉山さんは「アニサキスの食中毒を防ぐには加熱するか、

マイナス20度以下で24時間以上冷凍すること」

と管理の徹底を訴える。海外では、

生食用の魚の冷凍保存を義務づける国もあるという。


厚労省などは、消費者には▽鮮度の良いものを選ぶ▽

速やかに内臓を取り除く▽内臓を生で食べない--

といった対策を呼び掛けている。刺し身を食べる時は、

細かく砕くようによくかむことも大事だという。


              毎日新聞 5/8(月)。



















posted by よろずけんこう at 05:53| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする