2017年07月31日

<秋田大雨>1週間 被害膨らみ、全容見えず!


https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/07/30/20170730k0000e040154000p/7.jpg?1


秋田県内を襲った記録的な大雨は、降り始めから

29日で1週間を迎えた。この日、秋田新幹線が

全線で運転を再開するなど復旧が進む一方、

調査が進むにつれ、被害は日々膨らんでおり、

いまだ全容が見えない状況だ。この日は、

農林水産関係の被害額が35億円以上に上ることがわかった。


今回の大雨では、雄物川などの河川が各地で氾濫し、

広い範囲で住宅や農地が浸水する被害を受けた。


県の29日午後4時現在のまとめによると、

住宅の被害は全壊2棟、半壊32棟、床上浸水621棟、

床下浸水1251棟に上る。県は特に被害が大きかった大仙市に

災害救助法と被災者生活再建支援法を適用し、

被災住民の支援にあたる。


また県の29日正午現在のまとめによると、

農林水産関係の被害額は35億6103万円に上った。

水稲や大豆をはじめ、スイカやエダマメなどの

野菜、花やホップにも被害が出た。

浸水被害を受けた農地は3672ヘクタールに上り、

農地や農業施設の被害も深刻だ。


秋田市や大仙市はまだ調査中で、被害額はさらに膨らむ見通し。


一方、大雨への対応を巡っては、

行政トップの危機管理の甘さも露呈した。

佐竹敬久知事は22日、秘書課などに行き先を告げないまま

宮城県へゴルフに行き、そのまま飲酒して宿泊、

翌23日の県の連絡会議に間に合わなかった。

また当初、県の部長2人が同行していたことを隠し、

批判の声が高まっている。


毎日新聞 7/30(日)。
















posted by よろずけんこう at 08:22| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

「4000年に1人」キクちゃんが2連覇達成!中国


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201707/20170730-044103851.jpg


2017年7月29日、SNH48グループの第4回シングル選抜総選挙の

開票イベントが行われ、「4000年に1人の美少女」こと

チームNII所属のジュー・ジンイー(鞠[女青]「示韋」)が

2連覇を達成。トップ3の顔ぶれと順位は昨年と全く同じだった。

新浪が伝えた。


今年で4回目を迎えた選抜総選挙の開票イベントが29日、

上海メルセデスベンツ・アリーナで行われた。

今年の総選挙には姉妹グループBEJ48・GNZ48・SHY48の

メンバーも立候補し、過去最多の約300人が参加。

その中から第1位に選ばれたのは、愛称「キクちゃん」こと

ジュー・ジンイーで、27万7781.3票を獲得。

昨年に続いての2連覇を果たした。


2位はSNH48チームNII所属のリー・イートン(李藝[丹彡])で、

25万9478.6票を獲得。今月9日の中間発表では暫定1位で、

一昨年は3位、昨年は2位だったため、

いよいよトップに手が届くかと期待されたが、

残念ながら悲願達成はならなかった。


3位は同じくSNH48チームNII所属のホアン・ティンティン

(黄[女亭] [女亭])で、16万5193.8票を獲得した。

ホアン・ティンティンは先月発表された速報では、暫定1位だった。

今年のトップ3については顔ぶれ、順位ともに

昨年の第3回総選挙と全く同じという結果だった。
















posted by よろずけんこう at 07:53| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする

スマホ見ながらの道路横断に罰金!米ホノルルで条例成立


https://www.cnn.co.jp/storage/2017/07/30/c5ead848926d3b7dda2f10abac23a660/smartphone-street.jpg


(CNN) 米ハワイ州の州都ホノルル市は30日までに、

歩行者が道路横断中にスマートフォンなどの画面を見ることを禁止し、

違反者に罰金を科す条例を承認した。施行は10月25日から。

主要都市が歩行者のスマートフォン使用を取り締まるのは

全米でも初めてとみられる。


新たな条例では、市内の街路や幹線道路を横断する際に

スマートフォンやテレビゲーム、ノートパソコンなどの

携帯電子機器を見る行為が禁止された。


警察が市民に説明する期間を設けたうえで、

10月25日から施行される。


市内でも特に混雑の激しい交差点で、

コールドウェル市長による署名式典が開催された。

市長によると、同市では最近、高齢者らが横断歩道で

車にひかれる事故が続発していた。


歩行者が拘束されるのは、スマートフォンなどを見ている現場を

警察が確認した場合に限られる。罰金の額は初回が15~35ドル

(約1700~3900円)、2回目は35~75ドル、

3回目になると75~99ドルだ。


ただし、携帯電話で通話しながらの横断や、

歩道で端末を見ることはこれまで通り適法。


米国では大半の州が運転中のメールを禁止しているが、

市長によれば主要都市が歩行者のスマートフォン使用を

取り締まるのは初めて。もともと市内の高校生団体が提案したという。


全米で昨年上半期に交通事故で死亡した歩行者の数が

前年同期より11%増加したとの統計もあり、

原因のひとつとしてスマートフォン技術の普及が挙げられていた。
















posted by よろずけんこう at 06:25| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする