2017年08月13日

長距離バスがトンネル壁面に衝突!36人が死亡!陝西省


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201708/20170812-035105348.jpg


2017年8月11日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ

中国語版サイトによると、11日夜、

陝西省西漢高速鉄道の秦嶺トンネルの入り口付近で、

バスが壁面に衝突する事故が起きた。


この事故でこれまでのところ36人が死亡、

13人が負傷した。バスは四川省成都市発

河南省洛陽市行きの長距離バスだった。


中国では交通事故が多発しており、

世界保健機関(WHO)の推計では年間26万人が

交通事故で死亡しているという。

10万人中約19人が交通事故で死亡する計算だ。

先月にも河北省でバスがトラックと衝突し、

11人が死亡する大事故が起きている。
















posted by よろずけんこう at 08:11| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

「お盆玉」じわり浸透!知名度3割、平均5900円!


https://parts.news-postseven.com/picture/2016/06/obondama.jpg


あおぞら銀行がこのほど発表した調査によると、

お盆シーズンに帰省した子や孫にお小遣いをあげる

「お盆玉」という言葉を知っているシニア層の割合は

3割弱に上った。実際にあげる予定の人も31.6%で、

金額は平均5900円だった。


同行はシニアの暮らしぶりなどに関する調査を

2014年から毎年実施。今年は6月に55~74歳の男女

約2000人に行った。それによると、

お盆玉を知っているとの回答は28.9%で、

前年の16.6%から大きく伸びた。平均額は関東が6300円、

関西が5800円で、東西で500円の差が出た。


帰省時の家族らへの支援についても尋ねた。

帰省の交通費を「いつも負担している」

「たまに負担している」との回答の合計は45.4%で、

その平均額は3万1900円。交通費以外の負担額は、

平均で4万6100円だった。


時事通信 8/12(土) 。
















posted by よろずけんこう at 07:48| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

エジプトで列車同士が衝突!43人死亡


http://news.tbs.co.jp/jpg/news3128585_38.jpg


エジプト北部で11日、列車同士が衝突し、

これまでに少なくとも43人が死亡しました。


AP通信によりますと、

地中海に面するエジプト第2の都市

アレクサンドリアで11日、駅で待機中の旅客列車に

後方から別の列車が追突しました。

アレクサンドリアの保健当局によりますと、

これまでに少なくとも43人が死亡、

122人が負傷しているということです。

鉄道当局は事故の原因について明らかにしておらず、

専門家らによって調査中としています。


エジプトの鉄道は安全対策が不十分で、統計局によると、

去年は1249件もの列車事故が起きたということです。


TBS系(JNN)8/12(土)。
















posted by よろずけんこう at 06:23| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

流産や胎児の先天異常、ビタミンB3で大幅減!豪研究


http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/7/280x/img_d712e448d58d5b772143050d5d931e7f58675.jpg


一般的なビタミン剤を摂取するだけで、

流産や先天異常を大幅減らせる可能性があるとする研究論文が10日、

米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル

(New England Journal of Medicine)」に発表された。


ビクター・チャン心臓病研究所

(Victor Chang Cardiac Research Institute)の

専門家らによる研究では、妊婦体内で

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)分子が

不足することで生じる子宮内の胚や胎児の正常な発達の阻害が、

ビタミンB3の摂取で対処できることが分かった。

ビタミンB3は、ナイアシンとしても知られる。


研究者らは今回、流産や胎児の先天異常を経験した妊婦や家族の

遺伝子を調べ、NAD分子の生産を阻害する遺伝子変異を突き止めた。


NADの生成には肉や野菜に含まれるビタミンB3が必要となる。

研究では、NAD欠乏マウスの胚を対象に

ビタミンB3の投与による効果を調べ、その有意性を確かめた。


今回得られた結果について同研究所は声明を発表し、

「ビタミンB3を母マウスの餌に入れる前は、

流産や胎児に多様な先天異常がみられた」

「餌を変更した後は、その両方ともみられなくなり、

子どもはすべて健康体で生まれた」と述べている。


研究者らは今後、高リスク女性を特定するための

NADレベル測定検査法を開発し、

対象となる女性に十分なビタミンB3摂取を

確保することを目指すとしている。


AFP=時事 8/11(金)。
















posted by よろずけんこう at 05:54| Comment(0) | サイエンス・ニュース | 更新情報をチェックする