2017年09月07日

EXOルハンのツーショット写真で、上海のポストに再び長い行列


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201709/20170906-044108184.jpg


2017年9月5日、新浪によると、昨年4月に

写真撮影する人の長い行列ができた上海市内の郵便ポストが、

人気アイドルのルハン(鹿[日含])の影響で、

再びホットな観光スポットになっている。


人気を集めているこの郵便ポストは、

上海の黄浦江沿いにある有名な観光地・外灘(バンド)の

一角に立つもの。今月1日、韓流グループEXO出身で

人気アイドルのルハンが中国版ツイッターで

このポストとのツーショット写真を公開。

これをきっかけにポストに人だかりができ始め、

翌日からは記念写真を撮ろうとする人の長い行列が生まれ、

警備員も出動するほどの騒ぎとなっている。


ルハンがこの郵便ポストで話題に火を点けたのはこれが2回目。

昨年4月9日にも中国版ツイッターにポストと撮った写真を投稿し、

当時は明け方まで大勢の人が並ぶ騒動となった。


ルハンの中国版ツイッターは約3820万人と

驚異的な数のフォロワーを抱える。

今月1日のポストとのツーショット写真については、

23万件を超えるコメントと、150万回以上の「いいね」が寄せられている。

















posted by よろずけんこう at 08:19| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする

古くなっても世界で人気の日本の車、理由は?


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201709/20170904-038107932.jpg


中国のポータルサイト・新浪は8月31日、

日本で保存状態が良い自動車が多い理由について

分析したコラムを掲載した。


多くの国の人は日本に行った際、自動車の状態の良さに驚く。

車種やサイズの違いにかかわらず清潔な自動車が多く、

新車ばかりが走っていると錯覚するほど。

その原因を「日本では車は数年で乗り換えるから」

と考える人もいるが、日本自動車工業会が発表した2016年の

車種別平均使用年数で普通乗用車は12年以上と、

多くの人が予想する「10年以下」よりも長いことが分かる。


ではなぜ日本の自動車は保存状態が良いのか、

主に三つの原因が考えられる。

まずは変態的ともいえる車検の細かさだ。

日本人にとって車検の費用は大きな負担だが、

その大きな出費により車が良い状態で維持されている。

次に、使用頻度も大きく関係している。日本のサラリーマンは

一般的にバスや電車を使って通勤することが多く、

車を使う機会が少ないため車も長持ちしている。

さらに、日本は環境が良いため車が汚れることが少ない。

同じ車だとしても、中国ならあっというまに汚れてしまうだろう。


こうした数々の要因で日本の車は保存状態が非常に良いため、

実際は13年以上使用しても全く問題ないが、

13年経過した自動車の重量税が上がるために手放す人が多い。

日本の中古車市場では10年以上の自動車は

値がつかないことも多く廃車にされるが、

保存状態が良い日本の中古車は他国では非常に人気が高い。

こうして日本の中古車は世界で活躍し続けているのだ。

















posted by よろずけんこう at 07:51| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

NHK「テレビで中国語」の中国人講師が「かわいすぎる」と話題


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201709/20170905-052108137.jpg


「中国語講師」としてNHK「テレビで中国語」に出演している

段文凝(だん・ぶんぎょう)さんは、中国・天津出身の中国人。

同番組で、いつも可愛らしい笑顔で

中国語の単語を発音する姿が話題となり、

段さんは多くのファンを抱えるようになっている。

段さんは日本のネットユーザーから、

「かわいすぎる中国語講師」と称されている。


段さんは日本に来て8年。現在は、早稲田大学の大学院生で、

学業に励みながら、中国語講師の仕事にも力を入れている。

「テレビで中国語」以外にも、段さんは

テレビやラジオの番組に多数出演しており、

「中国と日本の貿易、文化の往来が強化されてきており、

たくさんの日本人が中国に興味を持つようになっている。

また、中国語を勉強する日本人も増えている。

中国語を教える活動を通して、一人でも多くの人に、

想像したり、普段見たり聞いたりしているものとは異なる、

本当の中国について知ってもらいたい」と意気込んでいる。


2017年9月6日、人民網日本語版。

















posted by よろずけんこう at 06:24| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

日本の大学生102人が貴州省訪問、中国文化の魅力に感激!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201709/20170904-000107940.jpg


8月31日、東京大学や大阪大学など大学40校から来た

日本の大学生代表団102人が貴州省を訪問し、

中国文化を体験したほか、交流を行った。

中国新聞網が伝えた。


この交流活動は、在日本中国大使館と中国教育部(省)が

開催した「中日大学生千人交流大会」の一環。

同代表団は北京、上海、貴州などで、友好交流活動を展開している。


貴州省訪問期間中、同代表団は、

貴陽城郷計画館や貴陽ビッグデータ応用展示センター、

貴陽孔学堂、貴州民族大学などを訪問し、

「多彩な貴州風」などのパフォーマンスを見学したり、

体験活動に参加したりした。


貴陽市花溪区にある孔学堂の孔子像の前で、剣持翔伍さんは、

「これまでは本の内容を通して中国文化に関する知識を

得ていただけだったが、孔学堂の王陽明国際漫画展を見学し、

芸術に国境はないと思った。

中国文化の魅力を存分に感じることができて、

収穫が大きい!」と感激しながら語った。


貴州民族大学美術学院の貴州民族民間工芸伝承基地を訪問し、

ずらりと並ぶ伝統的な紡績の染色や木彫りなどの

民族・民間工芸品を見学した際、代表団の学生からは

「ワー」という歓声が上がっていた。


「とても不思議な感じがする。中国には、

私が見たこともない美しい景色がたくさんある」。

山口美波さんは行く先々の景色を眺めながら、スケッチをしていた。

シンプルなラインで描かれているものの、

それらの絵は忘れられない貴州の旅の情景として記録されていた。

















posted by よろずけんこう at 05:48| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする