2017年09月10日

韓国製造業の没落、中国の報復が原因ではなく技術の問題!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201707/20170702-035100480.jpg


2017年9月8日、海外網は、

韓国企業や製品が中国で急速にシェアを縮小しているのは、

在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)に対する

中国当局の報復措置だけでなく、

中国企業の技術力が大幅に上昇したことが原因だと伝えた。


韓国・亜洲経済によると、

韓国のある大手企業の経営者は最近、中国へ出張し、

韓国製品の人気低下を実感した。特にスマートフォン(スマホ)で

その傾向が著しい。経営者は「たった数年前、

中国人の多くは韓国サムスン電子のスマホを使っていた。

しかし、今では中国人の3分の2は(中国ブランドの)

OPPOやvivoのスマホを持っている」と話す。


中国製のスマホは性能は韓国製品と同等だが、価格は半額だ。

スマホのアプリも中国の消費者向けに考えられており、

韓国製品のシェアが縮小するのも理解できる。

LG電子は中国市場をすでにあきらめたも同然で、

顧客サービスセンターも閉鎖してしまった。


また、現代自動車も中国で経営難に直面している。

販売台数はかつての半分に減少。THAADによる打撃以外に、

製品の競争力低下が原因とみられている。

THAADによる韓国製品のイメージ低下には打つ手がないが、

追い打ちをかけるように中国の技術力が急上昇している。

さらに、中韓間の貿易額も目に見えて減少している。

















posted by よろずけんこう at 08:20| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

なぜ日本の医療は世界一流レベルなのか?中国メディア


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201709/20170907-062108352.jpg


2017年9月7日、中国メディアの中国旅遊新聞網が、

日本の医療は世界一流レベルだと伝える記事を掲載した。


医学雑誌ランセットによると、医療品質レベルのランキングで

日本の医療品質は、世界195の国や地域の中で11位となり、

世界一流のレベルであることが明らかにになったと記事は紹介。

一方の中国は60位だった。


なぜ日本の医療レベルはこんなにも高いのか?

記事は3つの理由があると分析した。その1つが

「政府が国民の健康意識を高める政策を出していること」だ。

例えば、1978年の「第一次国民健康づくり対策」、

1988年の「第二次国民健康づくり対策」、

2000年の「第三次国民健康づくり対策」と、

予防に重点を置いた政策を次々と出しているほか、

日本各地に公立の健康センターがあって公立病院や

大学病院と連携しており、

全面的な健康管理サービスを受けられると伝えた。


2つ目の理由は「先進的な医療設備や科学技術レベルの高さ」だ。

日本は臨床医療、特にリハビリや腫瘍、再生医学の分野では

世界トップレベルで、重粒子線がん治療設備は、

日本の三菱とドイツのシーメンスしか造れないという。

また、陽子線治療装置の主なメーカーは住友と三菱で、

いずれも日本企業だとした。


3つ目の理由は「完備された現代医学教育システム」だ。

日本は明治維新の時から西洋医学の人材を育成しており、

20世紀の初めにはすでに西洋医学の医師が1万人近くいたという。

これらの理由で、日本はアジアのみならず

世界の中でも一流の医療大国になったと結論した。

















posted by よろずけんこう at 07:49| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

メキシコ地震、死者58人に!南部2州で大きな被害!


https://www.cnn.co.jp/storage/2017/09/09/ec9187c71c145d91e71188e8a7fb33be/MexicoEarthQuake_780.png


(CNN) メキシコ南部沖で発生したマグニチュード

(M)8.1の地震で、同国の市民保護当局は9日までに、

死者数が少なくとも58人に達したことを明らかにした。

ペニャニエト大統領は、同国がここ100年で経験した中で

最も強い地震だとしている。


今回の地震は7日遅く、多くの人が眠っている時間帯に発生した。

震源に最も近い南部チアパス州とオアハカ州の人口は

合わせて約900万人。両州はメキシコの最貧地域の一つで、

最も強い揺れに襲われた可能性がある。


市民保護当局の全国責任者はツイッターで、

オアハカ州で少なくとも45人、チアパス州で10人、

タバスコ州3人が死亡したと明らかにした。


震源は首都メキシコ市から南東に1000キロ離れた地点で、

太平洋の沖合120キロ。


ペニャニエト氏によると、約185万世帯で停電が起きたが、

このうち74%では電力が復旧したという。

一部の人は水道が使えない状態になっており、

復旧までに36~48時間かかる可能性もある。


ソーシャルメディア上で共有されているオアハカ州フチタンの動画には、

倒壊した建物の様子が捉えられている。

地元議員は、同僚が市庁舎に生き埋めになっていると証言。

オアハカの市民保護当局責任者はCNNに、

4人が倒壊したホテルの下敷きになっている可能性があると明らかにした。

















posted by よろずけんこう at 06:24| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

人の足のニオイ強いと「倒れて気絶」…犬型ロボ! 


http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170908/20170908-OYT1I50004-N.jpg


北九州高専に拠点を置くベンチャー企業

「ネクストテクノロジー」(北九州市小倉南区)が、

人の足などの臭いの強さを嗅ぎ分ける犬型ロボットを開発した。


体長15センチのぬいぐるみ型で名前は「はなちゃん」。

鼻にセンサーを付けており、臭いが弱ければ「すり寄る」、

中程度なら「ほえる」、強ければ「倒れて気絶する」と

3段階の反応を見せる。

2日間履いた靴下の臭いを気絶する基準に設定した。

今後、消臭剤を噴霧する機能を追加する予定で、

販売価格は1体十数万円を見込んでいる。


同社社長を務める滝本隆准教授(36)らが7日、

北九州市役所で北橋健治市長にはなちゃんを披露。

市長の足の臭いを嗅がせるとすり寄った。

市長は「ロボットを市民生活に溶け込ませる

素晴らしい発想」と話していた。


読売新聞 9/8(金) 。

















posted by よろずけんこう at 05:37| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする