2018年12月31日

なぜ日本には100年企業が山ほどあるのか―中国メディア

100年企業2.jpg


27日、中国メディアの界面新聞は

「なぜ日本には100年企業が山ほどあるのか」

というテーマでコラムを掲載した。


記事はまず、「企業寿命100年を超す会社が多い国は、

1位が日本、2位が米国」とするデータを紹介。

「日本には企業寿命300年を超える会社が4000社近くある」とし、

その理由を2つの観点から伝えている。


まず、歴史的な観点として「『戦は武士が行うもので商人には関係ない』

という考えがあったこと」を挙げた。

ビジネスが戦争の影響を全く受けなかったというわけではないが、

「完全にビジネスを途絶えさせはしなかった」と分析。

また、「企業は受け継いでいくことを最も重要な使命と考え、

小規模で一つの領域を掘り下げてビジネス展開を行っていたこと」

「100年企業には中長期的な視点で計画を立てる文化が根付いていたこと」

などを紹介。


日本で最も長い歴史を持つのは西暦578年創業の建設会社

「金剛組」。記事は、「もし日本に重大な宗教戦争や虐殺などがあれば

この会社は今日まで続けてこられなかったはずだ。

織田信長や豊臣秀吉の時代に迫害も見られたが、

宗教の完全な排除というまでには至らなかった」と論じている。


記事は第2に体制的な観点として、

「長男が経営を引き継ぐ習慣があったこと」を挙げている。

「財産分与も、基本的には長男が権利を有するので

分与数が少なくて済み、財産保全につながった」と分析。

また、「子息がいない企業の経営者は娘婿を後継者にした。

企業寿命300年を超える会社の25%が過去に娘婿を後継者にした」

と紹介。どうしても血縁関係者の中に男性がいない場合は

「外部の男性の名字を一部改名させ、

後継者に選出した」と伝えた。

















posted by よろずけんこう at 17:07| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

Vリーグ加入の中国人選手に中国ネットざわつく、劉備の子孫?

劉力賓9.jpg


2018年12月28日、鳳凰網は、日本のテレビで放送された

中国人バレーボール選手の紹介に、

中国のネットがざわついたとする記事を掲載した。


記事は「28日、国内最大のバレーボール掲示板で、

日本のテレビで放送された劉力賓(リウ・リービン)の紹介動画が

ネットユーザーの熱い議論を呼び、

今日最もホットな話題の1つになった」と伝えた。


劉は1995年生まれの23歳で、北京市出身。

ポジションはウイングスパイカーで、

2016年より中国代表に選ばれている。18年9月、

Vリーグに新設されたアジア枠の選手としてJTサンダースに加入し、

Vリーグ初の中国人選手となった。先日の天皇杯決勝でも主力として活躍し、

チームの4年ぶりとなる優勝に貢献した。


記事は、動画の中で劉が「気品のあるその顔立ちから、

三国志の英雄・劉備玄徳の末裔(まつえい)かもしれない」

と紹介され、劉の写真と劉備の絵を並べて比較されたとした。

さらに、劉本人に「あなたは劉備の子孫ですよね」

とインタビューしたところ、劉が「いえいえ、違います」

と何度も否定する様子が流れたと説明。これに対して、

日本のコメンテーターが「まさに中国4000年のロマンですね」

とコメントしたと伝えている。


この動画に対して、中国のネットユーザーからは

「この想像力は天を突破するほどだな」

「ぷぷっ、もう何がなんだか」「前に日本のテレビが中国の卓球選手を

帝国の猛虎だとかなんだかって紹介したのを思い出しちゃったよ」

「いやぁ、次元の壁を突破する想像力」

「日本人は本当に三国志の話が好きなんだな」

といった感想が寄せられている。


記事は最後に「注目すべきは、劉がクラブのメンバーと

非常に仲良くしていて、しかも日本のファンたちからも喜ばれている。

これは、1年前にフランスのクラブにいた時の環境とは全然異なる」

とし、JTでのプレーが劉にとって充実したものに

なっていることを併せて伝えた。

















posted by よろずけんこう at 16:34| Comment(0) | スポーツ・ニュース | 更新情報をチェックする

韓国経済、8年以内に世界トップ10入り?ネットは…

韓国経済3.jpg


韓国・ニューシス2は018年12月26日付で、

「韓国が2026年には世界経済トップ10に入り、

韓国の生活水準で南北統一された場合、

2030年代には先進国である英国とフランスを追い抜き6位に上るだろう」

という見通しが出ていると報じた。


英国のシンクタンク・経済経営研究所(CEBR)が

同日発表した「世界経済順位表(League Table)」によると、

韓国は2026年に世界経済トップ10に入る見通しだという。

昨年の報告書では、韓国経済が2022年に10位まで上がり、

2032年には8位になる見通しだった。


同研究所は「朝鮮半島の状況は以前と変わらないが、

南北統一に対する見通しが劇的に変われば、話も変わってくる。

韓国の生活水準で南北統一されたら、

韓国は2030年代に英国とフランスを追い抜き

世界6位の規模のGDP(国内総生産)を記録するだろう」

との見解を示したという。


同記事に対して、韓国のネット上では「韓国のマスコミ以外は

韓国経済を楽観的に見ている」「外国の専門家の方が韓国の

マスコミよりまし。一部マスコミは韓国経済が駄目になるって

報道している」「本当にそうやって全国民が心配なく暮らせる日が

来ることを期待」「南北統一しか経済規模を拡大する方法は無い」

「南北統一だけが唯一の方法。今の状況では限界が目に

見えている」などの声が上がっており、

中でも南北統一に対し肯定的なコメントが多く寄せられた。

















posted by よろずけんこう at 07:19| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする