2019年01月31日

入浴できる「火鍋」が登場 中国・杭州のホテル

入浴できる「火鍋」4.jpg


中国の大型連休、春節(旧正月)に合わせ、

浙江省杭州市のホテルが温泉を「仕切り鍋」に

見立てたキャンペーンに乗り出した。

(CNN)2019.01.30。


杭州のファースト・ワールド・ホテル

(第一世界大酒店)は、館内の風呂を

鍋のように小さく仕切り、それぞれに唐辛子やレタス、

リンゴ、バナナなどを浮かべて話題を呼んでいる。


入浴しながら肉や野菜の巨大な串焼きに

かぶりつく人々の写真も紹介されている。


同ホテルは、春節を前に健康的なライフスタイルの普及を

図るのが目的だと話している。


中国の鍋料理「火鍋」は四川省成都や重慶の名物と

されるが、温泉は杭州観光の目玉の一つ。

同市は上海から車で2時間という立地の良さもあり、

週末には多くの観光客が訪れる。


















posted by よろずけんこう at 14:36| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

米中西部、北極の寒気南下で大寒波 人命に関わる恐れ

大寒波10.jpg



米国は29日、北極圏から流入した冷たい空気による

猛烈な寒波に見舞われた。当局は人命に関わる恐れがあると

警告している。AFP=時事 1/30(水)。


すでにカナダ各地で観測されていた氷点下の気温は

米中西部全域に広がり、米東海岸にも広がりつつある。

米中西部は先週末、暴風を伴った最大30センチの積雪に

見舞われたばかり。この嵐により、

これまでに少なくとも2人が死亡した。


ノースダコタ・サウスダコタ両州からオハイオ州にかけて

約1900キロの範囲に広がる10ほどの州の気温は、

観測史上の最低記録を更新しないまでも、

ここ数十年で最も低くなるとみられている。


この大寒波は、通常は北極の上空にある「極渦」と呼ばれる

強力な気流の渦によって極地域に閉じ込められている冷たい空気が、

極渦を離れて南下したために引き起こされたもの。


米国立気象局(NWS)の予報によると、30日までには

中西部全域で気温が氷点下23~40度まで低下する。

ミネソタ州の一部地域では、強風により体感気温が

氷点下54度程度になるところも出るとしている。

米国第3の大都市シカゴでは、南極大陸の一部よりも

気温が低下するとの予報が出されており、

住民が暖を取れる場所が約160か所に開設された。


ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は

ツイッター(Twitter)に「地球温暖化はいったいどうしたんだ?

急いで戻ってきてくれ、われわれにはお前が必要だ!」

と書き込んだが、国立気象局を擁する米海洋大気局(NOAA)は

「冬の嵐は地球温暖化が起きていないことを

証明するものではない」と、2015年の解説記事への

リンクを添えてツイートした。


















posted by よろずけんこう at 14:10| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

カナダ北極圏の大地、4万年ぶりに露出 温暖化で氷河が解ける

バフィン島8.jpg


カナダ北東部の北極圏にあるバフィン島で、

氷河の氷が解け、4万年以上も隠れていた大地が

露出しているのが見つかった。北極圏は少なくとも

11万5000年ぶりの温暖化に見舞われている

可能性があると、研究チームは指摘している。

(CNN)2019.01.30。


科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに

この論文を発表したコロラド大学ボルダー校の研究者は

CNNの取材に対し、「単なる偶然の出来事ではない」

「バフィン島では太古の地形が広範にわたって

露出している」と語った。


研究チームは2010年~15年にかけ、

バフィン島の氷河が縮小した場所30カ所で、

48のコケ類や地衣類を収集した。

こうした植物は何万年も前に氷河に覆われて死滅しながら、

今も根を張り続けていた。


放射性炭素年代測定法を使ってこの植物を調べた結果、

大部分は少なくとも4万年の間、

氷河に覆われていたことが分かった。


「一般的に、標高が高い地域では長期間にわたって氷が残る」

「ところが温暖化の規模があまりに大きいために、

至る所であらゆるものが解けている」と研究者は解説する。


収集した古代の植物は、同島に今も生えている植物と

同じ種類だった。この植物の年代と、気温に関するデータを

組み合わせると、同地域の今世紀の気温が

約11万5000年ぶりの高さになっていることを

うかがわせるという。


「この傾向は今後も続き、バフィン島の氷は

次の数世紀で全て消えてなくなる公算が大きい」

と研究チームは警鐘を鳴らしている。

















posted by よろずけんこう at 07:11| Comment(0) | サイエンス・ニュース | 更新情報をチェックする