2019年03月31日

日本の高齢者介護の「温かみ」、中国は学ぶべき―中国メディア

日本の高齢者介護1.jpg


2019年3月28日、北京青年報は、

「日本の高齢者介護から中国が学べること」

と題する記事を掲載した。


記事は、高齢化社会の日本では高齢者が急増しており、

シルバー産業が発展していると紹介。

日本政府も年金制度改革や介護保険制度改革、

医療保険制度改革などを行って、

高齢者の心配を取り除こうとしていると指摘した。


その上で、「日本では高齢になっても仕事を続ける人の姿を

よく見かける」と紹介。「日本人は自然の法則を尊重しており、

多くの時間を慢性疾患の治療などに充てることはない」と伝えた。


記事は、「この点で中国とは異なっている。中国では、

高齢者が100歳まで生きられるよう全力を尽くすため、

中国の介護機構は多くの時間と費用を医療に費やす。

しかし、高齢者が患う病の多くが慢性的なもので

治癒できるものではない。治療ばかり考えると高齢者もがっかりし、

生活の質も失われる」と指摘した。

そして「高齢者が残りの時間を楽しく過ごせるように努め、

高齢者の夢をかなえるよう支える方がよい」とし、

「適切であれば高齢者が飲酒や喫煙をし、旅行へ出かけ、

会いたい人に会えるようにしてあげるべき」と論じた。


記事は、「その点、日本は高齢者の気持ちを重視している」と紹介。

「個人のニーズに合った世話をしており、

老人ホームなどでも個人の好みに応じた飲食を提供し、

入浴や散歩などのサービスを行っている。また、

日本では温かみのある介護を重視している。

日本は情報化や機械化、AI化の分野で進んでおり、

介護分野でも多くのロボットがあるものの、

温かみのあるサービスの提供を日本は堅持しており、

盲目的にインターネットプラスや人工知能、

ロボットなどを使用するのではなく、

介護者によるきめ細やかな介護を核心としている」と伝えた。


そして、「日本人はこのようにしてこそ、介護サービスは

温かみのあるものとなり価値があると考えているのだ」

と指摘。「日本では30年も前に『全自動人間洗濯機』が

できていたが、多くの高齢者は介護者に入浴を手伝ってもらって

おしゃべりすることを望んでおり、

この種の現象は熟考するに値する」と結んだ。

















posted by よろずけんこう at 14:45| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

人気女優ヤン・ミーが体重を公表、3年前と変わらず

人気女優ヤン・ミー1.jpg


2019年3月29日、中国の女優ヤン・ミー(楊冪)が

バラエティー番組で公表した体重が、

3年前とほとんど変わっていないことで、

厳しく体重管理する日々の努力をのぞかせている。


主演のファンタジー時代劇ドラマ「永遠の桃花~三生三世」が

日本でも好評のヤン・ミーは、

長い手足に均整のとれたスタイルで、

女性が憧れる理想的なボディーの持ち主。

このほど出演した人気バラエティー番組「密室大逃脱」で、

出演者たちが体重の実測にチャレンジした結果、

ヤン・ミーの現在の体重が47.48キロであることが明らかになった。


ヤン・ミーが3年前に出演したバラエティー番組の測定では、

身長166.5センチ、体重47.9キロと紹介されている。

ヤン・ミーは当時、身長167センチ、体重48キロと公称していたが、

それがほぼ真実だったことが明らかに。

数字を大幅にごまかす芸能人が多い中、ヤン・ミーは

非常に正直で誠実だとネット上で称賛を浴びていた。


今回の測定では3年前と体重がほとんど変わらなかったことで、

日々の厳しい体重管理が明らかになった。

普段から引き締まった腹筋のラインなど、

自慢のボディーをSNSでも公開し、

「体重増加は責任感のなさの表れ」と豪語しているヤン・ミーだが、

ネットユーザーからは「芸能人の自己管理は大変だ」

「売れてる人は自分に厳しい」「男前すぎる」

といった褒め言葉が寄せられている。

















posted by よろずけんこう at 14:05| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする

ロボットと外国人労働者は日本の人口危機を救えるか―スペイン紙

ロボットと外国人労働者3.jpg


中国メディアの参考消息網は2019年3月26日付で、

スペイン紙エル・パイスがこのほど、

「ロボットと外国人労働者によって深刻な人口減少を

軽減しようとする日本の努力は、同様の道を進んでいる

西側諸国にとって教訓となる」と報じたと紹介した。


記事はまず、介護ロボットを積極的に導入している

東京の社会福祉法人「善光会」の取り組みを紹介し、

「日本の人口減少は2008年に始まり、速いペースで進んでいる。

17年には出生数から死亡数を引いた自然増減数が

マイナス39万4000人となり、バランスが急速に悪化している。

65年の日本の総人口は1億2800万人から減少し

8800万人になるとの予測が出ている。

日本の人口を将来にわたって維持するには

2.07の出生率が必要になるが、

現在は1.4でしかない」などと伝えた。


記事は続いて、日本の外国人労働者受け入れについて、

「他の先進国に比べて日本人は伝統的に消極的だ。

日本人は自由で開放的な西洋文化を尊重しているとはいえ、

根底には島国思考がある。

日本に在留する外国人数は250万人で日本の総人口の2%にすぎない。

主なコミュニティーは中国人、韓国人、ベトナム人

そしてフィリピン人だ」と論じ、安倍政権が今後5年間で

最大約34万5000人の外国人労働者受け入れを

見込んでいることを紹介した。


そして、「日本は労働力不足を補うため、

ロボット化と女性の労働市場参画に賭けている」とし、

「医療・福祉」産業で働く人の割合が現在の

「8人に1人」から40年に「5人に1人」に

なるのが望ましいことから、解決策の一つとして

ロボットに期待する声が上がっていると紹介した。


















posted by よろずけんこう at 06:28| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする