2020年01月07日

MISIA、ロビーにも響いた歌声 リハから鳥肌が立った歌唱力

MISIA7.jpg


昨年大みそかに放送された『第70回NHK紅白歌合戦』では、

紅組トリを飾ったMISIAの歌唱力が話題を集めた。

MusicVoice 1/5(日)。


本番では「アイノカタチ」「INTO THE LIGHT」そして

「Everything」を歌い上げた。歌唱後、ネットでは

「声量が凄い」「歌唱力がえぐい」「圧巻だった」

「感動した」という声が溢れた。


記者もリハーサルでその歌唱力に驚いた。紅白は、

ホールでリハーサル取材をし、ロビーで囲み取材などを行う。

出場歌手のなかには演出の都合でリハーサルそのものを

取材陣に公開することを禁止していることもある。

そのため、記者はホールに居続けることが出来ず、

ロビーで待機する。MISIAの場合もリハーサル取材は禁止だった。


ホールからぞくぞくと退出する記者たち。

程なくして演奏が始まり、歌声が響き出した。

ロビーに居ても十分に聴こえてくるその歌声。

そして、突き抜ける高音には、

作業していた手が止まっただけでなく

鳥肌が立つほどだった。


過去にMISIAのライブを取材した本媒体の記者から

「ライブでも第一声に鳥肌が立って涙が出るほどだった」

と聞いていたが、その一端をリハーサルでも感じた。


ちなみに、リハーサルの合間に出場者がステージに揃う

「顔合わせ」で隣にいた椎名林檎と

仲睦まじく談笑している姿や、出場者全員がFoorinの歌とともに

「パプリカ」の振りをする場面で

楽しそうにしていた姿も印象的だった。


















posted by よろずけんこう at 06:21| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする

トランプ米大統領、5日に1日はゴルフ場に

トランプ米大統領1.jpg


米国のドナルド・トランプ大統領は2019年、

少なくとも86日をゴルフ場で過ごしたことがわかった。

CNNの集計で明らかになった。2020.01.05。

米フロリダ州ウェストパームビーチ(CNN)。


トランプ氏は大みそかの12月31日も

フロリダ州ウェストパームビーチにある

トランプ・インターナショナル・ゴルフ・クラブを

訪問していた。


CNNの集計によれば、トランプ氏は大統領就任以降、

少なくとも252日を自身が保有するゴルフ場で

過ごしている。また、自身が保有する不動産物件で

過ごした日数は333日となっている。


2019年初頭は米政府機関の閉鎖もあったが、

トランプ氏がゴルフ場で過ごした日数は少なくとも

86日にのぼった。ゴルフコースの中には、

バージニア州スターリングとニュージャージー州

ベッドミンスターのトランプ・ナショナル・ゴルフ・クラブ、

フロリダ州マイアミのトランプ・ナショナル・ドラル、

アイルランドにあるゴルフ場が含まれる。


12月29日には米軍がイラクとシリアで空爆を行ったが、

当時、トランプ氏はフロリダ州にある別荘

「マール・ア・ラーゴ」のゴルフ場にいた。

空爆時にゴルフをプレーしていたかどうかは不明だが、

空爆から約2時間後、トランプ氏が14番ホールに

いたことは目撃されている。


ゴルフを愛好する大統領経験者は多いが、

トランプ氏は2016年の大統領選では、

当時のバラク・オバマ大統領がゴルフを

プレーすることについて繰り返し批判していた。


















posted by よろずけんこう at 05:23| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする