2016年12月01日

コロンビア墜落事故!サッカー選手ら6人生存!死者71人に


http://www.cnn.co.jp/storage/2016/11/30/9703dfd34ada1db6c4c807367b2ebfc5/colombia-plane-crash-site.jpg


コロンビア・メデジン近郊(CNN)

ブラジルのサッカー選手らを乗せたチャーター機が

コロンビア・メデジン近郊に墜落した事故で、

29日までに71人が死亡し、6人の生存が確認された。


民間航空当局によると、77人を乗せたアブロRJ85型機は28日夜、

ボリビアのサンタクルスからコロンビアのメデジンへ向かう途中、

コロンビアのリオネグロ付近の山間部に墜落した。


同機にはブラジルのサッカーチーム「シャペコエンセ」の選手

コーチ、招待客、報道陣などが搭乗していた。

コロンビア当局によれば、ディフェンダーの

アラン・ラスケル選手など少なくとも3選手と乗員2人、

記者1人は生存が確認された。


現場では機体の残骸の捜索作業が行われ、当局が墜落原因を調べている。

29日午後にはフライトデータレコーダーと

操縦室の音声を記録したボイスレコーダーが見つかった。

いずれも「完璧な状態」だったとしている。


管制官や航空当局によると、同機は現地時間の28日午後6時18分、

ボリビアのビルビル国際空港を出発。

コロンビア上空で非常事態を宣言し、メデジン近郊に墜落した。


1973年の創設以来長く下部リーグでプレーしてきた

シャペコエンセは、近年になって国内でも

屈指の強豪チームにのし上がり、

ブラジル全土にファンを獲得。南米のクラブ同士が争う今年の

「コパ・スダメリカーナ」では多くの予想に反して

格上の相手を破る目覚ましい活躍を見せ、

「サッカー界のシンデレラ」と評されている。

30日には同カップ戦の決勝第1戦に出場するはずだった。


本拠地シャペコのスタジアム前には大勢のファンが集まり、

突然の悲報に涙にくれている。



















posted by よろずけんこう at 07:31| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください