2020年01月17日

中国メディア 韓国人は2022年から、ペット購入時に教育を…

韓国人 ペット1.jpg


2020年1月15日、中国紙・環球時報は、「韓国人は今後、

ペット購入時に教育を受けなければならなくなる」

とする記事を掲載し、次のように伝えている。


韓国の農林畜産食品部は14日、

「2020〜2024年動物福祉総合計画」を公表した。

韓国政府は同計画に基づき、

動物を虐待する行為に対する処罰を強化する。


韓国日報の14日付報道によると、

虐待によって動物を死に至らしめる行為に対する処罰は

現在は2年以下の懲役または2000万ウォン

(約189万円)以下の罰金とされているが、

2021年から3年以下の懲役または3000万ウォン以下の

罰金に強化される。また動物遺棄に対する処罰も、

現行の300万ウォン以下の過料から300万ウォン以下の

罰金に変わる。動物虐待罪が成立すると、

動物に対する所有権が制限される。


またペットの飼い主の責任意識を高めるため、

22年からは、ペットを購入する際に、

所定の教育を受けることを義務付けるという。


















posted by よろずけんこう at 07:56| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください