2020年01月25日

「モンティ・パイソン」のテリー・ジョーンズさん死去、77歳

テリー・ジョーンズ3.jpg

英国の人気コメディーグループ
「モンティ・パイソン」のメンバーとして
活躍したテリー・ジョーンズさんが
死去していたことが23日までに分かった。
77歳だった。英PA通信が代理人を引用して報じた。
ロンドン(CNN)2020.01.23。


ジョーンズさんは原発性進行性失語症を患い、
近年闘病生活を送っていた。これは認知症性の
疾患で、発語に影響を及ぼす。

家族が出した声明によると、ジョーンズさんは
18日夜、妻に看取られながら息を引き取った。

ジョーンズさんがモンティ・パイソンの
中で演じた役柄は多岐にわたる。
女性のキャラクターに扮することも多かった。
また「ライフ・オブ・ブライアン」や
「人生狂騒曲」といったモンティ・パイソン
による映画では監督を務めた。

1980年代にモンティ・パイソンが
解散した後は、歴史物のノンフィクションを
執筆したり、複数のドキュメンタリー番組の
司会者として活躍。デビッド・ボウイが
主演した86年公開のファンタジー映画
「ラビリンス 魔王の迷宮」では
脚本を手掛けた。

家族は声明を通じ、様々なジャンルで
才能を発揮したジョーンズさんの功績を
たたえるとともに、晩年に苦しんだ上記の
疾患の撲滅を期待すると付け加えた。

モンティ・パイソンでジョーンズさんと
共演したマイケル・ペイリンさんは
PA通信の取材に答え、「テリーは
最も親しくて最も大切な友達の1人だ。
彼は優しく、寛大で、他人への協力を
惜しまなかった。そしてあふれる情熱と
ともに、生涯を全うした」と語った。
















posted by よろずけんこう at 06:19| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください