2017年08月16日

「最古の中国」=中華民族の重大な秘密が隠された村!河南省


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201708/20170814-000105556.jpg


最も古い中国はどこにあるか知っているだろうか?

遺跡発掘調査によると、それは河南省偃師市の二里頭遺跡にあるという。

新華網が伝えた。


洛河南岸のある村は、中原地区の大地に無数に点在する村と同じように

平凡なもののように見えるが、中華民族の重大な秘密が隠されている。

紀元前1800ー1500年に、ここには中国最古の「紫禁城」があり、

夏王朝の繁栄と商王朝への変遷という壮大な歴史劇が演じられた。


ここにはさらに最古の都市幹線道路、最古の青銅礼器群、

最古の銅鋳造工房、トルコ石の石器を作る最古の工房、

最古の二輪車の轍の跡がある。


同遺跡の豊富な中身は人々に驚きを与え続けている。

第13次五カ年計画期間(2016ー20)の国家重大文化プロジェクト

「二里頭遺跡博物館」の建設に伴い、

中国及び東アジアにおける数多くの「最も」が、

ここで浮上しようとしている。
















posted by よろずけんこう at 08:21| Comment(0) | サイエンス・ニュース | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

流産や胎児の先天異常、ビタミンB3で大幅減!豪研究


http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/7/280x/img_d712e448d58d5b772143050d5d931e7f58675.jpg


一般的なビタミン剤を摂取するだけで、

流産や先天異常を大幅減らせる可能性があるとする研究論文が10日、

米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル

(New England Journal of Medicine)」に発表された。


ビクター・チャン心臓病研究所

(Victor Chang Cardiac Research Institute)の

専門家らによる研究では、妊婦体内で

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)分子が

不足することで生じる子宮内の胚や胎児の正常な発達の阻害が、

ビタミンB3の摂取で対処できることが分かった。

ビタミンB3は、ナイアシンとしても知られる。


研究者らは今回、流産や胎児の先天異常を経験した妊婦や家族の

遺伝子を調べ、NAD分子の生産を阻害する遺伝子変異を突き止めた。


NADの生成には肉や野菜に含まれるビタミンB3が必要となる。

研究では、NAD欠乏マウスの胚を対象に

ビタミンB3の投与による効果を調べ、その有意性を確かめた。


今回得られた結果について同研究所は声明を発表し、

「ビタミンB3を母マウスの餌に入れる前は、

流産や胎児に多様な先天異常がみられた」

「餌を変更した後は、その両方ともみられなくなり、

子どもはすべて健康体で生まれた」と述べている。


研究者らは今後、高リスク女性を特定するための

NADレベル測定検査法を開発し、

対象となる女性に十分なビタミンB3摂取を

確保することを目指すとしている。


AFP=時事 8/11(金)。
















posted by よろずけんこう at 05:54| Comment(0) | サイエンス・ニュース | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

<ビンジ飲酒>むちゃ飲みでケガのリスク25倍!


http://p.news.nimg.jp/photo/319/2551319p.jpg


「ビンジ飲酒」と呼ばれるむちゃな飲み方をすると、

転倒やけんかなどでけがをするケースが25倍以上も

多くなったという調査結果を、筑波大や三重大などの

研究チームが発表した。急激な血中アルコール濃度の上昇が

運動機能や平衡感覚を低下させ、体調悪化だけではなく、

けがの危険性が高まることにも注意を呼びかけている。


「ビンジ飲酒」は、短時間の多量な飲酒を指す欧米の用語。

米疾病対策センターなどの基準では、男性は2時間以内に酒5杯

(日本人の場合は純アルコール50グラム)、

女性は4杯(同40グラム)以上となっている。

アルコール度数5%のビール500ミリリットル缶で換算すると、

男性で2.5本、女性で2本に相当する。


筑波大の吉本尚講師を中心とする研究チームは2013年、

三重県内の3大学で健康診断を受けた20歳以上の

大学生、院生2842人に、ビンジ飲酒の経験などについて

アンケートを実施した。


全項目に回答した2177人分を分析したところ、

けんかや不注意による転倒など、飲酒した際に

何らかのけがを経験した人は107人に上り、

うち104人は年1回以上ビンジ飲酒をしたことが分かった。


年齢や性別による影響を除外して解析すると、

ビンジ飲酒をした人は、そうではない人の

25.6倍もけがをしていたとの結果になった。


吉本講師は「急性アルコール中毒に比べて、

ビンジ飲酒によるけがの危険性はほとんど知られていない。

適切な飲むスピードについても教育する必要がある」と指摘する。


毎日新聞 8/7(月) 。
















posted by よろずけんこう at 05:57| Comment(0) | サイエンス・ニュース | 更新情報をチェックする