2017年05月16日

1億年前の恐竜化石を公開!皮膚も装甲も「そのまま」カナダ


https://www.cnn.co.jp/storage/2017/05/15/af36ae25744cee40210e8e7326a11dcb/nodosaur-perfect-dinosaur-fossil-alberta-museum.jpg


(CNN) 皮膚や装甲板など、生きているときの外見を

ほぼとどめた状態の恐竜の化石が15日までに

カナダの博物館で一般公開された。

1億1000万年前の恐竜で、同国の鉱山から見つかったという。


カナダ・アルバータ州にあるロイヤル・ティレル古生物学博物館が

展示したこの化石はノドサウルスと呼ばれる

四足歩行の草食恐竜のもので、約5.5メートルの長さを持つ

その体は戦車のような装甲板で覆われている。


従来の化石と違い頭部から尾のあたりにかけて

皮膚から化石化しているため、骨格は確認することができない。

博物館は「無傷の鎧で体を包んでいる」と説明する。


このノドサウルスはこれまでに確認されていなかった種類で、

博物館の専門家によればアルバータ州から出た

恐竜の化石としては最古のもの。

またこれまで発掘されたヨロイ竜の化石の中では

最も保存状態が良いという。


化石自体は2011年、オイルサンドの鉱山で作業員により

発見されていたが、展示可能になるまでの復元作業には

そこから7年近い年月を要した。


ナショナルジオグラフィック誌の6月号によれば、

化石化したノドサウルスの重さは約1135キロ。

洪水で海まで流されて海底に沈み、

膨大な時間をかけてミネラル分が皮膚や装甲板にしみこんだことから、

生きていた当時の状態が保たれたと考えられている。



















posted by よろずけんこう at 08:26| Comment(0) | サイエンス・ニュース | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

<熱水噴出孔>周囲で電流確認!有機物に影響、生命誕生か?!


https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/05/07/20170507k0000m040112000p/7.jpg?1


地球で最初の生命が生まれた場所ともいわれる深海底の

「熱水噴出孔」の周囲で微弱な電流を確認したと、

海洋研究開発機構と理化学研究所のチームが発表した。

この電気エネルギーが、海中の有機物から生命が生まれるための

重要な役目を担った可能性があるという。

10日付のドイツ化学会誌電子版に掲載される。


チームは2015年、沖縄本島の北西約150キロで、

深さ約1000メートルの海底を無人探査機で調査。

噴出孔を中心に最大約100メートルの範囲を調べ、

下から上に向かって乾電池の数分の1程度の電流を確認したという。


海底下でできる熱水には硫化水素など

電子を放出しやすい物質が多く含まれる一方、

海底上の海水は電子を受け取りやすい物質を多く含む。

噴出孔付近の海底は、電気をよく通す硫化鉱物が沈殿した

特有の状態であることも、電流発生に働いているという。


地球の生命は約40億年前、高温高圧の熱水噴出孔の周りで

誕生したとの説がある。だが、生命のもとになる有機物から、

DNAや組織など生物に欠かせない複雑な分子が

どのように作られたかは不明だ。

チームの山本正浩・同機構研究員は

「熱水噴出孔の周辺は『天然の発電所』。

この電気エネルギーが生命誕生の鍵となったかもしれない」と話している。



















posted by よろずけんこう at 07:52| Comment(0) | サイエンス・ニュース | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

日本で開発された尿1滴のがん検査に韓国ネットも大注目!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201705/20170501-06593045.jpg


2017年4月29日、韓国のテレビ局YTNは、

低コストで簡単にがん検査ができる技術が

日本で開発され実用化を控えていることを伝えた。


九州大学発のベンチャー企業「HIROTSUバイオサイエンス」と

日立製作所はこのほど、犬よりも優れた嗅覚を持つ線虫が、

がん患者の尿にある特有のにおいに誘引される特徴を利用した

自動検査装置を開発、2019年末から20年初めの

実用化に向けて準備を進めていると明らかにした。


この装置が完成すると、尿1滴で、90%を超える精度でがんの

早期診断が可能になり、1週間程度で結果が分かるようになるという。

また、1回の検査費用は数千円になる見込みだ。


この報道に対し、韓国のネットユーザーからは

「日本はすごいな。韓国も見習わねばならない」

「日本の悪口を言う前に、日本の優れたところを認めよう」

「これでまた日本にノーベル賞受賞者が出るんじゃないか」

「ますます日韓の技術力の差が広がるな」など、

日本の技術力の高さを評価する意見が多く寄せられた。


それととともに、「韓国では過剰な健康診断と高額な費用を請求する

倫理意識のない医師しかいない。日本がうらやましい」

「韓国の研究はお金目当てだけど、日本は違う。

やっぱり日本はすごいな」など、日韓の医療・技術開発への

倫理意識の違いに関連した意見も寄せられた。


また、「韓国にも導入が必須だ」

「こんなに安価なら数カ月ごとに検査ができるし、

がんの早期発見が可能になる」など、

新たに開発された装置の導入を希望する声もあった。



















posted by よろずけんこう at 08:23| Comment(0) | サイエンス・ニュース | 更新情報をチェックする