2018年01月20日

史上最多8回目の五輪に挑む葛西紀明、中国でも驚きと称賛!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201801/20180118-052468638.jpg


来月9日に開幕する平昌五輪代表に選出された、

ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明に対して、

中国のメディアやネットからも驚きと称賛の声が上がっている。


中国のスポーツメディア・騰訊体育は8日、

葛西の代表入りが確実となったことを受け、

「葛西がまたまたまた来た!日本の“枯れない木”が

8回目の五輪出場」と伝えた。


また、中国中央テレビ(CCTV)は中国版ツイッター

・微博(ウェイボー)のアカウントで

「日本の45歳のベテラン・葛西紀明が8度目の冬季五輪出場、

史上初!」「1972年生まれ、45歳の日本のスキージャンプ界の

レジェンドが歴史を創る。1994年の五輪で初めてメダルを

獲得してから20年を経た2014年のソチ五輪で

再び個人・団体でメダルを獲得した」などと伝えた。


中国のネットユーザーからは、「これはすごい!」

「レジェンドだ」「日本のスキージャンプチームは世界の強豪。

そこで出続けるというのは、確かに実力があるという証拠」

「日本はベテランが頑張っている。

サッカーの三浦知良も50を過ぎてもまだ現役。

本当に恐れ入る」といったコメントが寄せられた。


一方で、「後継者はいないの?」

「日本のスポーツ界には活躍しているベテランが大勢いる。

実力がすごいのか、若手が伸びないのか」といった声も出ている。

















posted by よろずけんこう at 07:35| Comment(0) | スポーツ・ニュース | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

世界最年長のプロサッカー選手、三浦知良が契約更新!


https://www.cnn.co.jp/storage/2018/01/12/4ee633373902c78e1f0330c9ba205310/miura-50th-birthday-j-league-yokohame-story-top.jpg


東京(CNN) 間もなく51歳の誕生日を迎える

世界最年長のプロサッカー選手、三浦知良選手が、

所属するJリーグ2部の横浜FCとの契約を更新した。

同クラブが11日に明らかにした。


「キング・カズ」の異名をとる三浦選手は昨シーズン、

12試合に出場し1ゴールを記録。契約更新にあたり、

「今シーズンも無事に契約を更新することができました。

どんな時もサッカーに全力で向き合い成長出来たらと思います」

と意気込みを語った。


三浦選手は1986年、19歳の時にブラジルの

サントスでプロデビューを飾った。当時の米国はレーガン政権。

スポーツ界ではプロボクサーのマイク・タイソンが

世界ヘビー級王座を獲得した年だった。


その後30年以上にわたるキャリアの中で、

三浦選手は日本や欧州、オーストラリアなどの

13クラブを渡り歩いた。日本代表では89試合に出場し、

55ゴールを挙げている。


自身のウェブサイトによると、プロとして試合に出場した

時間の合計は3万6932分で総ゴール数は162。

イエローカードは29枚もらっているが、

レッドカードは1枚もないという。

















posted by よろずけんこう at 05:50| Comment(0) | スポーツ・ニュース | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

<卓球>日本の10歳神童が中国の名門スクールに「道場破り」


https://i0.wp.com/okinawan-life.com/wp-content/uploads/2017/02/matsushimasora_02.png?resize=400%2C310


2018年1月5日、鳳凰網は、

日本の10歳の卓球少年が中国の名門卓球スクールに

「道場破り」して、同じ年齢の中国人選手を

次々と打ちのめしたことが中国のネット上で

話題となっていると報じた。


中国最大と言われる卓球関連サイトの掲示板に4日

「10歳の日本人神童が再び中国に『道場破り』にやって来た」

との情報があるユーザーによって書き込まれた。

話題になった「神童」の名前は松島輝空(そら)くんで、

「中国で有名な上海曹燕華卓球スクールで

同じ年齢の中国人選手たちと試合をし、すべてなぎ倒した。

ある選手に対しては11−1、11−2、11−0と

相手に3得点しか許さない圧勝ぶりだった」と紹介されている。


同年代の選手では相手にならず、

最終的にスクール内で最強だという中学3年生の選手が出てきて

松島くんと勝負。ゲームカウント3−2という接戦ながらも勝利して、

松島くんの連勝をようやく止めたとのことだ。

さらに、別のユーザーからは

「松島くんは数日前に中国卓球学院にも行って、

2006−07年生まれクラスの相手に全員勝利。

04年生まれの選手が出てきてようやく松島くんに勝った」

との情報も寄せられた。


記事は松島くんについて「07年生まれで、

2歳から卓球を始める。今では日本国内の同年代クラスの

絶対的覇者になっており、全日本選手権バンビの部・カブの部

通算4連覇を達成した。一昨年の夏には、

中国遠征で打ち負かされて泣いたことが

中国のネット上で話題になった。

昨年7月の東アジアホープス大会でも、

2歳年上の中国人選手に負けて涙を流していた。

リベンジ達成を懸けて今回やって来た彼が見せた強い実力に、

卓球ファンたちは相当驚いたようだ」と伝えている。

















posted by よろずけんこう at 05:43| Comment(0) | スポーツ・ニュース | 更新情報をチェックする