2017年05月24日

<卓球>平野美宇攻略に自信を見せる中国代表監督!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201704/20170421-03591961.jpg


先月の卓球アジア選手権で、日本の平野美宇が

中国のトップ選手3人を破って劇的な優勝を果たした。

まもなくドイツ・デュッセルドルフで世界選手権が開幕するが、

23日付の中国新聞網によると、中国代表の

劉国梁(リウ・グオリアン)総監督と孔令輝(コン・リンフイ)

女子代表監督はともに「日本をまったく恐れていない」と強調している。


記事は、アジア選手権での平野の活躍もあり、

今回の世界選手権は「日中の選手の力比べが焦点」と位置付けた。

平野が中国選手を次々に破って優勝したことで、

中国チームは平野を徹底的に研究し、

ハードなトレーニングを行ってきたという。


事前合宿のためチームを率いてルクセンブルク入りしている

劉総監督は取材に対して、「平野に3連敗を喫してから、

中国チームは日本選手に対するトレーニングを一貫して行ってきた。

1カ月余りの非公開合宿と大会前のトレーニングで、

中国はしっかりと準備ができている」と語った。


アジア選手権からずっと平野を研究し続けているという孔監督は、

「分析を通して、平野美宇について十分に理解できた。

選手たちは試合で雌雄を決するのを心待ちにしている」

と自信をのぞかせた。また、

「(欧州からトップ選手が参加する男子とは異なり)女子では、

世界選手権のライバルは基本的にアジアに集中している。

日本の平野や石川だけでなく、シンガポール、北朝鮮、韓国、

香港のトップ選手も含まれる」とも語った。


注目の世界選手権は5月29日から6月5日の日程で行われる。



















posted by よろずけんこう at 06:26| Comment(0) | スポーツ・ニュース | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

「平野美宇は中国にとって最大のライバル」卓球中国監督


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201705/201705_FOREIGN201610121008000094889605778.jpg


ドイツで間もなく開幕する世界卓球選手権に備え、

湖北省黄石市で合宿に励んでいる中国女子代表チームは、

チーム内でのエキシビションゲームで訓練の成果を検証している最中だ。

中国卓球女子代表チームの孔令輝監督は、

「今回の世界卓球選手権には、リラックスして臨むことが肝要で、

決して重荷を背負ってはならない。

チーム全体の士気を盛り上げて臨むことが大切だ」との見方を示した。

新華社が伝えた。


2017年世界卓球選手権種目別競技は、5月29日から6月5日まで、

独デュッセルドルフで開催される。中国代表は、

丁寧、劉詩●(●=雨かんむりに文)、

朱雨玲、陳夢、木子の5人の選手が女子シングルスに出場する。

また、女子ダブルスには、丁寧/劉詩●、朱雨玲/陳夢の2組が臨む。


4月中旬に行われた卓球アジア選手権女子シングルスでは、

日本の平野美宇選手が、丁寧・朱雨玲・陳夢各選手を

次々と破って優勝を果たし、中国卓球チームに大きな衝撃をもたらした。

孔監督はこれについて、「アジア選手権女子シングルスで

優勝を逃した主な原因は、準備不足だったことだ。

平野選手に対する分析が精確さに欠けていた。

これまで、中国の選手が平野選手に敗れたことはなかった。

丁寧選手が敗れた後、朱雨玲・陳夢の若手2人にのしかかる

精神的重圧がかなり大きく、

平野選手に付け入る隙を与えてしまった」と分析した。


今回の世界卓球選手権に備え、中国女子チームは、

4人の専門家を招いてアジア選手権のデータとビデオの

統計・分析作業を依頼、問題の指摘・調査を通した総括を行った。

また、主なライバル選手の打法やスタイルを分析し、

ライバル選手との試合を想定したシミュレーション対戦を実践した。

孔監督は、「平野選手は、大きな大会で3人の中国選手を連続して撃破した。

これは偶然ではないし、並大抵のことでもない。

アジア選手権後、平野選手は中国チームにとって最大のライバルとなった。

世界選手権に臨むために我々がまず行ったことは、

彼女に対する全面的な分析作業だった」とコメントした。


また、孔監督は、「選手たちはリラックスした気持ちで臨むことが肝要で、

決して重荷を背負ってはならない。平野選手は成長著しく、

打法もかなり先進的だが、実のところ、

それほど恐れることはない」と強調した。



















posted by よろずけんこう at 05:53| Comment(0) | スポーツ・ニュース | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

美女ゴルファー旋風 最多の客!セクシー女王アン・シネ


韓国で人気の美女ゴルファー、アン・シネ(26=韓国)が

日本ツアーデビュー戦で「セクシークイーン」旋風を巻き起こした。

モデル顔負けのスタイルと超ミニスカートのウエア姿で

ギャラリーを魅了。スコアは1バーディー、4ボギーの75と苦しみ、

3オーバーの53位スタートとなったものの、

ホールアウト後のサイン会にもファンが殺到した。

第1日のギャラリー数では日本女子ツアー最多となる

1万3097人が集まるなど、集客面にも大きな効果をもたらした。


午前8時18分、10番のティーショットに立ったアン・シネに、

大勢の熱い視線が集まった。ボディーラインが出るポロシャツ、

ヒザ上30センチ近くの超ミニスカート、

ハイソックス姿に美脚が強調される。

「本当に緊張してドキドキした。ルーキーになった気分」

との初々しさも加わった「セクシークイーン」ぶりで、

早朝から“悩殺”した。


すぐに心をわしづかみされた男性ギャラリーたちを引き連れた

日本デビュー戦となった。プレー中のコースは、

常に人の山ができるほどの熱気。

国内メジャーの難コースセッティングもあり、

スコアは3オーバーの53位スタートとなったが、

ラウンドの合間には大挙して押し寄せたゴルフファンから

惜しみない拍手と声援をもらった。


アン・シネ 拍手が途絶えなくて「ありがとうございます」(日本語)と

1000回ぐらい言いたい気持ち。カメラ撮影しているギャラリーがいなくて

マナーが良いことに感動を覚えました。「すごくいいです」(日本語)。


ホールアウト後のサイン会では、一時中断するほど

熱狂的なギャラリーが殺到した。仕切り直しで開かれると、

約500人の長蛇の列をつくった。

約40分かけて全員のサインに応じるなどファンサービスも抜群。

「明日はピンクのスカートとソックス、

黒のTシャツのウエアにします」と、笑顔で予告してみせた。


「セクシークイーン」効果もあり、午前11時の時点で

ギャラリー数は1万人を突破。第1日としては

88年のツアー制度施行後で最多となる1万3097人を記録した。

「昨夜も緊張して寝られなかったけれど、初日が終わって楽になった。

明日からは成績を狙いたい」とアン・シネ。

そのセクシーな注目度とともに、韓国ツアー3勝という実力も“露出”する。


日刊スポーツ 5/5(金) 。



















posted by よろずけんこう at 08:48| Comment(0) | スポーツ・ニュース | 更新情報をチェックする