2018年01月21日

ジャッキー・チェンが寄贈した古民家、巨大テーマパークに移築!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201801/20180120-044479783.jpg


2018年1月19日、安徽省蚌埠市にある古民居博覧園で、

ジャッキー・チェン(成龍)が寄贈した古民家の

受け渡しセレモニーが行われ、

今後の建設計画も明らかになった。捜狐が伝えた。


ジャッキー・チェンは20年ほど前、

自身のルーツである安徽省で築200〜400年になる

複数の古民家を購入。一部はすでにシンガポールの

科技設計大学(SUTD)に寄贈されているが、

残った4棟については、各地の古民家を集めた古民居博覧園に

移築されることに。19日、現地で受け渡しのセレモニーが行われて

ジャッキー・チェンも出席した。


ジャッキー・チェンが寄贈した4棟は、

明朝末から清朝末にかけて安徽省内に建築されたもの。

「徽派」と呼ばれる建築の独特な特徴を備えている。

古民居博覧園では、その内部の6号島に位置する

約6万6000平米の敷地に古民家を移築する。

さらにこの一角を「大美中国・成龍島」と命名し、

ジャッキー・チェンの記念館なども誕生する予定だ。


シンガポールへの古民家寄贈が決まった5年前には、

「中国のお宝を海外に流出させた」と猛批判を浴びただけに、

残る建物の移築先について世間からも高い関心が寄せられていた。

















posted by よろずけんこう at 08:14| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

「クランベリーズ」ボーカルのドロレス・オリオーダンさんが急死


https://www.cnn.co.jp/storage/2018/01/16/a4d18be969f0fd8084a0b33d17c156e2/dolores-oriordan-2016-story-top.jpg


(CNN) アイルランドのバンド「クランベリーズ」の

リードボーカルを務めたドロレス・オリオーダンさんが15日、

英ロンドンで死去した。46歳だった。


オリオーダンさんの広報担当者は声明で

「突然の死」だったと発表。死因に関する詳細は

明らかにしなかった。レコーディングのため

ロンドンに滞在していたという。


アイルランドのリムリックで結成されたクランベリーズは、

1990年代半ばに「リンガー」、「ゾンビ」、「ドリームス」

といったヒット曲を相次いで飛ばし、

世界的な人気バンドとなった。

各国で売り上げたアルバムの枚数は4000万枚を超えている。


2017年にはアコースティック・アルバムの

「サムシング・エルス」をリリースしたが、

予定されていた欧州と北米のツアーは

多くの日程がキャンセルとなった。クランベリーズは、

オリオーダンさんが腰の痛みを抱えていたためと説明している。


ソーシャルメディアには

オリオーダンさんの死を悼む投稿が相次いだ。


アイルランド出身の歌手、ホージアは

「初めてドロレス・オリオーダンの歌声を聴いたときのことは

忘れられない」とコメント。

英ロックバンドのデュラン・デュランも

「ドロレス・オリオーダン死去の知らせに打ちひしがれている」と、

沈痛な思いをつづった。

















posted by よろずけんこう at 07:59| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のジャッキー・チェン、驚くべき老け顔?


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201801/20180112-044375813.jpg


2018年1月11日、中国映画「解憂雑貨店」(ナミヤ雑貨店の奇蹟)で

雑貨店のおじいさん役を演じるジャッキー・チェン(成龍)が、

「実際はこんなに老けていない」と語っている。

NOWnewsが伝えた。


人気作家・東野圭吾氏の小説を映画化した

「解憂雑貨店」は現在、中国で一般上映されており、

台湾では今月19日から公開される。

見どころの1つとなっているのが、

人々の悩みを受け止める雑貨店のおじいさんを演じる

ジャッキー・チェン。キレのあるアクションは完全封印し、

実年齢の63歳にはとても見えない老け顔メークにも挑んでいる。


普段はこういった癒やし系の映画に出演することが少なく、

そのためこの作品に興味を持ったというジャッキー・チェンだが、

驚きの老け顔については、

「実際はこんなに老けていないんだよ!」と

ユーモアを交えて語っている。この映画を通じて、

実生活で自分もこんな店を持ってみたいという

憧れが芽生えたといい、「店がもうからなくてもいい。

おじいさんのように周囲の人のためになることが

できれば」と話している。

















posted by よろずけんこう at 06:26| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする