2017年02月17日

中国で鳥インフル猛威!1月の死者79人!仏メディア


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201702/20170216-03577095.jpg


2017年2月15日、中国で鳥インフルエンザの

ヒトへの感染が拡大している。

中国の国家衛生計画出産委員会によると、

1月にH7N9型の鳥インフルエンザウイルスへの感染が

確認された人は192人に上り、そのうち79人が死亡した。

昨年12月の感染者は106人、死者は20人で、

死者は4倍近くに上っている。

仏RFIの中国語ニュースサイトが伝えた。


これまでに12の省・市で感染例が確認されている。

最多は江蘇省で、1月の感染者は49人、うち21人が死亡した。

浙江省と安徽省でもそれぞれ11人が死亡した。


世界保健機関(WHO)によると、

中国で過去4年間に報告されたH7N9感染者は計1000人以上で、

うち39%が死亡している。



















posted by よろずけんこう at 07:51| Comment(0) | 鳥インフルエンザ | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

韓国、鳥インフル拡散防止に“ほとんど効かない薬品”使用!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201701/20170119-03574384.jpg


2017年1月19日、韓国・聯合ニュースによると、

釜山地域の高病原性鳥インフルエンザ

(鳥インフルエンザ)の防除作業に、

効果がほとんどない消毒薬を使用していたことが分かった。


釜山市議会のジョン・ミョンヒ議員が、

鳥インフルエンザの拠点消毒施設と移動制御警戒所などで使用した

防除薬を確認したところ、

ほとんど効果がない酸性消毒薬であることが分かった。

釜山市と釜山市機張郡は昨年12月15日、

1軒の農家から鳥インフルエンザの疑いで申告があり、

それが受理されると15カ所に拠点消毒設備と制御警戒所を設置し、

移動車両の防除消毒を行ったが、15カ所のうち11カ所で、

防除効果がほとんどない酸性系の薬品を使用したことが分かった。

酸性系消毒薬は、冬季の低温では効果が落ち、

政府からも使用しないように勧告されていた。


毎回繰り広げられる鳥インフルエンザ問題に、

韓国のネットユーザーからは、「信じられない。国全体が虚偽だ」、

「防除作業は国民にアピールするためのショーだったんだ」、

「無能の極致」、「前回の鳥インフルエンザが最初に発生した時も

効果の低い消毒薬を使っていた。釜山市だけの問題ではない」などと、

政府を批判する意見が多く出ている。


また、「予算はきちんと確保しているだろう。

そのお金は誰のポケットに入ったんだ」、

「関係者を見つけ、処罰せねばならない」、

「今の公務員でまじめに働いている奴はいるのか?」など、

公務員を批判する意見も寄せられている。



















posted by よろずけんこう at 05:55| Comment(0) | 鳥インフルエンザ | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

韓国、鳥インフルエンザで殺処分の鳥“日本の28倍”


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201701/20170113-03573657.jpg


2017年1月19日、韓国・聯合ニュースによると、

韓国が史上最悪の高病原性鳥インフルエンザ

(鳥インフルエンザ)被害を出す中、

日本は過去の口蹄疫発生などを契機に、

しっかりとした防疫体系を整え、

今回の鳥インフルエンザ被害を最小限に抑えた。


農林畜産食品部鳥インフルエンザ防疫制度改善支援タスクフォース(TF)が

昨年12月25~30日、日本の農林水産省、青森県、

養鶏協会などを訪問調査し19日に発表した結果によると、

日本は2001年の口蹄疫発生を契機に、

防疫システム強化のため農林水産省が2004年、

畜産業振興業務(畜産部)と防疫衛生業務(消費・安全局)を分離した。

消費・安全局内の動物衛生課(45人)は防疫総括機能を担当し、

動物薬・獣医免許などは畜水産安全管理課が担当している。

防疫執行業務遂行には、農林水産省傘下に動物検疫所(416人)、

動物衛生研究所(369人)、動物医薬品検査所(79人)など

計864人を置いている。一方、韓国国内では畜産局内の防疫総括課と

防疫管理課に22人、農食品部に所属する検疫本部に424人が勤務しているが、

日本の半分にも満たない。


このような体制の違いもあり、日本は2016年11月28日に

最初の農家から鳥インフルエンザ感染判定が出た後、

今年1月15日までの殺処分は114万羽にとどまったが、

韓国は2016年11月16日に鳥インフルエンザの疑いで

初めて申告が受理されてから2カ月間で3203万羽が殺処分され、

日本と比較し約28倍となる大きな差を見せた。


この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。


「これは国民性から来るものだ。国民は政府のせいにして、

政府は渡り鳥のせいにする」

「今さらヘル朝鮮(自国を卑下する呼称)に何を望む」

「日本で数年生活してみたら分かる。

韓国がどれだけいい加減な国であるかということを」

「日本人は何かにつけて几帳面だからな~」


「韓国の公務員はちゃんと仕事をしているのか?

公務員に支払う給料がもったいない」


「日本は危機対処の能力、マニュアルが韓国よりもはるかに体系的なんだろう」

「先進国と後進国の違い」

「殺処分数が28倍多いというより、

日本より28年遅れていると言われているようだ」


「日本の人口は韓国の約2.5倍だから、

飼育されている鶏も約2.5倍と仮定したら、殺処分の差は70倍くらいになる」

「いつも日本の悪口ばかり言ってないで、

学ぶべきところは学ばなければならない」



















posted by よろずけんこう at 08:51| Comment(0) | 鳥インフルエンザ | 更新情報をチェックする