2015年07月21日

中国株の暴落は敵対勢力によるものだった!?


2015年7月19日、中国メディア・新浪は最近の中国株暴落について、

国営企業である中航工業集団公司の林左鳴(リン・ズオミン)董事長が、

敵対勢力によるものであるとの見解を示したことを伝えた。


林董事長は中国株の暴落について、

「あらかじめ準備された悪意ある空売りで、

中国に対して経済戦争を仕掛けたものだ。

政府に対する不信を募らせるよう誘導し、

政府転覆をたくらんだもので、中国経済全体をつぶし、

五星紅旗に対する攻撃だ
」と語った。


このニュースに対して中国の

ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。


「アホか。恥を知れ」

「ちょっと話が大きすぎるのではないかと」

こんな知能でどうやって董事長になれたの?


「幻覚症状があるようですね。薬を飲むのをやめてはダメですよ」

「国外の敵対勢力というより、国内の勢力によるものだと思うが」

「敵対勢力のせいにするのはやめろよ。

できるものなら敵対勢力とやらを公表してみろ」


「この人の言っている意味が分からないのだが、誰か犯人がいるということ?」

正常な人はこの文章を読んだらただ笑うしかない

こんなセリフが董事長の口から出るなんて、

この会社の株を買うことは二度とないな」


「お前が空売りしてたんだろ」

「本当に敵対勢力によるものなら、

ここまで下がるまで気が付かず何もしなかったのはどういうわけなのだ」

















ラベル:中国株暴落
posted by よろずけんこう at 13:30| Comment(0) | ニュース・中国関連 | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

中国国営メディア、パラセル諸島付近!原油埋蔵の兆候確認!


中国の国営メディアは16日、

同国が南シナ海のパラセル(中国名・西沙、ベトナム名・ホアンサ)諸島付近で

大型掘削施設を使って実施していたエネルギー源探査作業で

原油や天然ガスが埋蔵している兆候を突き止めたと報じた。


新華社通信によると、国営企業の中国石油天然ガス集団(CNPC)幹部は

作業の対象海域は原油掘削に適する基本的条件や

可能性を有していることが判明したと指摘した。開発の次期段階を決定する前に、

今回入手した地質上のデータの分析を進めるとしている。


掘削作業は7月15日に終了したとも発表した。


作業は今年5月2日に開始され、同諸島の領有権を主張するベトナムが強く反発。

両国は監視船など多数の船舶を関連海域に派遣し、

船舶同士の衝突も起きる緊迫な事態となっていた

ベトナム国内では反中デモも発生、

5月中旬には暴動化して数千人規模の中国人がベトナムから退避する騒ぎにもなっていた。


中国はパラセル諸島を含む南シナ海の大半の海域について主権を宣言し、

今回の掘削については国内領土での事業行為と正当性を主張している。

南シナ海についてはベトナムの他、フィリピン、台湾、マレーシアやブルネイも

ほぼ全域もしくは一部海域について帰属権を争っている


中国海洋石油(CNOOC)は、中国が保持する原油や天然ガス資源のうち

約3分の1が南シナ海に眠っていると指摘している。


新華社通信はまた、パラセル諸島に近い海南省沖で違法な漁をしていたとして

沿岸警備当局が逮捕していたベトナム人漁師13人が国外退去処分になったと報じた。














ラベル:監視船
posted by よろずけんこう at 13:46| Comment(0) | ニュース・中国関連 | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

世界遺産のサンゴ礁、中国船座礁で、広範囲損壊

フィリピン・パラワン島そばのトゥバタハ岩礁に座礁した中国漁船.jpg
フィリピン・パラワン島そばのトゥバタハ岩礁に座礁した
中国漁船(2013年4月10日取得)


中国漁船が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている、

フィリピン沖のトゥバタハ岩礁自然公園内で前月起こした座礁事故で、4日、

公園当局は、4000平方メートル近くに及ぶ広範囲で

サンゴ礁の損壊が確認されたと発表した。

公園当局によると、500歳を超える貴重なサンゴも含まれているという。


この事故は、4月8日、中国人漁師とみられる乗組員12人が乗った

全長48メートルの中国船籍の船が、フィリピン西部パラワン島そばの

トゥバタハ岩礁に乗り上げたもの。

国際取引が禁止されているセンザンコウの死骸数百体が船の中から見つかった。


公園当局によれば12人には、海洋公園への不法侵入とサンゴの破壊で

約9500万ペソ(約2億3000万円)の罰金が科される見込み。

フィリピン当局は既に12人を密猟で起訴しており、

有罪となれば禁錮12~20年が言い渡される可能性がある。


トゥバタハ岩礁では今年1月にも米海軍掃海艦ガーディアンが

座礁事故を起こしているが、今回の被害はそれよりはるかに広範囲にわたっている。





視力と脳力の密接な関係!脳トレゲーム1日5分で視力回復!





お金をもてあます人生!ネットビジネス聖書(バイブル)


60日で英会話マスター!秘密のメソッドを学べ(七田式)!


耐えられない首筋のコリ! 頭痛! 一日5分、自宅で改善!
 



Word・Excel・PwPo!EGラーニングのMOS2010試験対策講座!







posted by よろずけんこう at 17:25| Comment(0) | ニュース・中国関連 | 更新情報をチェックする