2017年11月18日

なぜ日本人女性は歯並びが悪いのか!中国メディア


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201711/20171116-062136497.jpg


2017年11月16日、中国のポータルサイト・今日頭条に、

日本人女性は歯並びが悪い理由について分析する記事が掲載された。


記事は、「日本人には歯並びの悪い人が多い」と指摘。

これはアイドルなども例外ではないとした。

ではなぜ日本人は歯並びの悪い人が多いのか?記事は、

中国残留孤児の人たちが日本へ帰国した際には、

栄養状態のよくない人がいたものの、

みんな歯並びが非常に良かったと紹介。

中国人は歯並びの良い人が多いが、中国残留孤児のケースから

「これは民族的な要因ではないと言える」という。


記事は、この点について研究した大阪大学の瀬村教授の話として、

中国人は骨付きの肉を食べ、骨までかじるという食習慣と

関係があると指摘。「幼い時から骨までかじるので歯に圧力が加わるが、

これが良い刺激となって歯並びが良くなる」のだという。

日本人が肉を食べる時は骨付きではなく、

その他の食べ物も外国と比べると軟らかいものが多いため、

咀嚼(そしゃく)回数が減ってしまい、歯並びにも影響が出るという。


他にも、口腔ケアに対する意識の低さ、歯医者の費用の高額さ、

八重歯がかわいいとされる文化的影響、

食文化の変化であごの骨が小さくなってきたこと、

歯の矯正費用が高額なこと、なども理由として挙げられるとした。


これに対し、中国のネットユーザーからは

「歯並びが悪いのは縄文人の遺伝では?骨をかじるのとは

あまり関係がないと思う」「インド人は肉も食べないのに

歯並びがきれい。原因は日本語の発音にあると思う」

「雑穀を多く食べるからでは?」

「俺は固いものを食べすぎて歯が2本ボロボロになったけどね」

などのコメントが寄せられている。

















posted by よろずけんこう at 07:55| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

京劇メイクで診療する医師、その理由は…―北京市


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201711/20171115-000135896.jpg


白淑芳さんは北京のある尋常性白斑専門病院で

副主任の医師として働いており、30年以上医療に携わっている。

白さんは尋常性白斑の専門医として普段診療する中で、

最大の問題は患者との交流であることに気付いた。


診療時に医師の目の前で傷口を見せる際、

患者は恥ずかしさやコンプレックスを感じ、

本当のことを語ることができなくなってしまう。

そうなると、医師は患者から直接重要な情報を

聞き出すことができなくなり、効果的な治療を施せなくなる。


白さんは自身が京劇好きということもあり、

「京劇のメイクをし、衣装を着て診察するのはどうだろう?

そうすれば、患者はリラックスできて、

自分に心を開いてくれるようになるのではないだろうか」

というアイデアが浮かんだのだという。


白さんは、「京劇メイクで診療した際、

患者が以前よりもかなりリラックスしていたように感じた。

私に対して好感を持ってもらえたことで、

医者と患者との距離が一気に縮まった。

患者はリラックスして、心を開き、医師にたくさん話せるようになり、

医師はさまざまな治療法を患者に

伝えることができるようになった」と語った。


2017年11月16日、人民網日本語版。

















posted by よろずけんこう at 07:22| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

日本の学校に見られる数々の「ブラック校則」に、中国ネットは


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201711/20171115-035135811.jpg


2017年11月15日、中国のポータルサイト・今日頭条に、

日本の学校にある変わった校則について紹介する記事が掲載された。


記事は、最近日本の女子高生が、

生まれつき茶色い髪であるにもかかわらず、

学校が何度も黒染めを強要したのは違法だとして、

大阪府を相手取り訴訟を起こしたことを紹介。

このニュースを機に、日本のネット上で

さまざまな不合理な校則が話題となり

「ブラック校則」として議論されていると伝えた。


この「ブラック校則」には、

「髪が肩にかかったら結ばなければならない」「パーマ禁止」

「ポニーテール禁止」「恋愛禁止」「携帯電話禁止」「化粧禁止」

「日焼け止め禁止」「下着は白以外禁止」「黒いタイツ禁止」

「眉を整えること禁止」などがあるという。


記事は、日本のネットユーザーから寄せられた実体験も紹介。

それには、「男女が手をつなぐこと禁止」「駅での待ち合わせ禁止」

「友人の家に泊まること禁止」「廊下を走ること禁止」

「校内でのチョコレート交換禁止」

「カバンにつけるアクセサリーは一つまで」などがあるという。


これに対し、中国のネットユーザーからは

「中学の時、女子は長髪禁止、男子は髪が眉にかかるのは禁止だった」

「中国の校則だって似たようなものだ。

おかしな校則がいろいろあった」などのコメントが寄せられた。


また、「日本という要素を除けば、

親としてこれらの校則を高く評価する。

ぜひこういう学校に子どもを通わせたい」と逆に称賛する意見や、

「日本は禁止すべきものを禁止していないな。

ミニスカートを禁止してズボンにすればいいのに」

というユーザーもいた。

















posted by よろずけんこう at 06:20| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする