2017年11月18日

中国人から王座奪った日本人ボクサー、まだバイトしていた!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201711/20171116-052136342.jpg


2017年11月15日、捜狐体育は、

中国人選手を破ってWBO世界フライ級新王者となった木村翔が、

チャンピオンのイメージとはかけ離れた

アルバイト生活を続けていると伝えた。


記事によると、北京・ロンドン五輪金メダリストで同級王者だった

鄒市明(ゾウ・シーミン)に7月のタイトルマッチで勝利した木村は、

荒木運送という運送業者で卸業者の酒を飲食店に運ぶ

アルバイトをしている。週4日、午前7時前に出社して

1日のスケジュールを確認。25キロ以上あるビールタンクなど、

各種酒類の箱などを50点あまりを1日10軒ほどの店に届けているという。


記事は、「木村は現在も家賃5万円ほどのアパート暮らしで、

携帯電話の画面は割れ、トレーニングシューズはボロボロ。

飾るスペースがない金色のチャンピオンベルトは

箱にしまわれ寝床の下に置いてあるが、

その上にはいろいろな物が乗っていた。

軒先にある約5万円の電動アシスト自転車は、

王座奪取後に自分へのプレゼントとして

買ったものとのことだ」と紹介した。


また、「木村が所属する青木ジムは東京・高田馬場付近にある

小さなジム。設備は古く、多くが錆びており、

壁にはパンチの跡も見られる。鄒との試合の際に得られた支援金は、

最も多いものでも2万元(約34万円)に満たず、

全てのスポンサーによる支援金を集めても、

微々たるものだった」とし、「王座奪取後、ジムは木村の

記念Tシャツを作って売り出した。売り上げは山分けとのことだが、

リングの外でシャツにサインをして売る木村は、

縮こまって見える」とした。


記事は最後に、「世界チャンピオンになった木村だが、

日本では今でも一般庶民として生活しているのである」

と伝えている。

















posted by よろずけんこう at 05:39| Comment(0) | スポーツ・ニュース | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

米GM、「史上最速」のシボレー・コルベットを発表!


https://www.cnn.co.jp/storage/2017/11/16/c95fb410ff825d0569a9a57c6e808993/chevrolet-corvette-zr1-1.jpg


ニューヨーク(CNNMoney) 米自動車大手

ゼネラル・モーターズ(GM)は16日までに、

「シボレー」ブランドの新型「コルベットZR1」を発表した。

コルベット史上最速だという。755馬力で、

6.2リットルのスーパーチャージャーエンジンを搭載。

最高速度は時速約338キロ。


コルベットは一般に入手しやすいスポーツカーとみられているが、

GMによれば、ZR1は「スーパーカー」だという。

馬力は、ランボルギーニ・アヴェンタドールや

フェラーリ488GTBを上回る。


その高速で走行する能力から、

ZR1にはいくつかの空力学的特徴が備わっている。

リアウイングは2種類から買い手が選択することが出来る。


「ハイ・ウイング」はレース場での使用を念頭に設計され、

ダウンフォースが増す。標準装備の「ロー・ウイング」だと、

ハイ・ウイングよりダウンフォースは減るが、

最高速度を出すことは可能だという。


価格は未定。来春にも発売される見通しだという。

















posted by よろずけんこう at 08:10| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

ダビンチ絵画、510億円で落札!芸術作品として史上最高額!


https://www.cnn.co.jp/storage/2017/11/16/64bbec1cf9a3d81d83aba1311dd7e815/da-vinci-portrait-auction.jpg


(CNN) イタリアの巨匠レオナルド・ダビンチの絵画

「サルバトール・ムンディ」(世界の救世主)が

米ニューヨークでクリスティーズのオークションに出品され、

芸術作品としては史上最高額の4億5030万ドル

(約510億円)で落札された。


「サルバトール・ムンディ」は、イエス・キリストを描いた

1500年ごろの作品。ダビンチの作品として現存する絵画は、

この作品を含めて20枚に満たない。


これまでの美術品オークションでは、

2015年に1億7940万ドルで落札されたピカソの

「アルジェの女たち」が最高額だった。

今回、「サルバトール・ムンディ」の落札価格は当初

1億ドル以上と推定されていたが、

電話による入札受け付け開始から20分ほどで、

「アルジェの女たち」を上回った。


「サルバトール・ムンディ」は、ダビンチの代表作

「モナリザ」とほぼ同時期の作品。ルネサンス期の服装をまとった

イエスは片手を上げて祝福を与え、

もう片方の手に水晶玉を持っている。オークションを前にロンドン、

香港、サンフランシスコで展示され、大勢の観客を集めていた。


大きさは高さ約66センチ、幅約45センチ。

フランスのルイ12世の依頼で制作され、

後にイングランドのチャールズ1世の手に渡ったが、

18世紀の終わりごろから行方不明になっていた。


その後1958年のオークションで再浮上したが、

この時は複製と見なされて45ポンドで落札。

2005年に美術商が1万ドル足らずで入手した時には、

劣悪な状態に置かれて絵の具が厚く上塗りされており、

入念な修復作業を経て、ダビンチの作品と確認された。


これまでの持ち主だったロシアの実業家

ドミトリー・リボロフレフ氏は、

2013年にこの作品を1億2750万ドルで買い取っていた。

















posted by よろずけんこう at 07:48| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする