2017年07月27日

ライアンエアー、英市場からの撤退も!EU離脱交渉で余波


https://www.cnn.co.jp/storage/2017/07/25/9b9ab9e152aad4a95d3fe1d29b1c1dd1/business-traveler-ryanair-michael-oleary.jpg


ロンドン(CNNMoney)

アイルランドの格安航空大手ライアンエアーは24日、

英国と欧州連合(EU)が進める離脱交渉において、

来秋までに運航に関する法的根拠について

見通しが立たない場合には英市場からの撤退を

余儀なくされる可能性があると明らかにした。


ライアンエアーは声明で、「2018年の秋までに、

英・EU間の運航に関する法的根拠について確信を持てなければ、

ライアンエアーは、運航をキャンセルし、

英国を拠点とした機体の一部、もしくはすべてを

欧州大陸に移動せざるを得なくなるかもしれない」と述べた。


EUからの離脱に関する交渉では、英国は、

欧州の単一の航空市場へのアクセスについても話し合う必要がある。

欧米間の航空路線の自由化に関する

「オープンスカイ協定」についても、

英国は立ち位置を見つける必要がある。


ライアンエアーは2019年の

運航スケジュールの策定に向けて透明性を求めていると述べた。


欧州内での運航を希望する英国の航空各社も

別の問題に頭を悩ませている。航空会社はEU内に子会社を設立し、

所有構造の変更を求められることになるかもしれない。

英イージージェットはすでに欧州本部を

ウィーンに設立することを明らかにしている。
















posted by よろずけんこう at 06:25| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする

米「史上最強」空母就役、中国空母の30年先行く!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201707/20170724-054103090.jpg


2017年7月24日、米華字メディアの多維新聞によると、

「史上最強空母」の呼び声高い米海軍の最新鋭原子力空母

「ジェラルド・R・フォード」が22日、就役した。

中国の軍事専門家は、その技術について、

中国の空母「遼寧」の30年先を行くと認めている。


21日付の香港経済日報によると、「ジェラルド・R・フォード」は

全長約333メートル、高さ77メートル、飛行甲板の幅78メートル。

排水量は約9万トンで自由の女神像400体分に相当する。

建造費は130億ドル(約1兆4400億円)で建造に8年かかった。

最大の特徴は従来の蒸気式カタパルトに代わる

電磁式カタパルトを採用したことだ。


中国の軍事専門家、尹卓(イン・ジュオ)氏は

「ジェラルド・R・フォード級空母は、

他国の空母より少なくとも二世代先を行く」と指摘する。


軍事専門家の陳虎(チェン・フー)氏も

「中国人民解放軍の『遼寧』は、米国の新型空母に

少なくとも30年は遅れをとっている」と認めている。

「遼寧」の甲板はカタパルトではなく

スキージャンプ式のため艦載機J15(殲15)は

自らの推力で発艦する必要があり、

搭載燃料や武器の重量が制限される。

また搭載できるのはJ15・24機を含む40機前後で、

米空母に比べはるかに少ない。


一方で、中国国営の環球時報は専門家の話を引用し、

電磁式カタパルトは故障率が高く

「病を抱えて就役した」と形容している。
















posted by よろずけんこう at 05:49| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

平昌五輪まで200日、ホテルが高騰、1泊4万円も!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201703/20170315-03587499.jpg


2017年7月24日、韓国・亜洲経済によると、

18年平昌五輪(2月9日〜25日)の開幕まで200日となり、

会場に近い町のホテル代が高騰している。

江原道江陵市では五輪期間中にツインで

1泊40万ウォン(約4万円)を取るホテルも現れている。

中国新聞社が伝えた。


江陵市では通常、海側の部屋がハイシーズンでも

15万〜20万ウォン(約1万5000〜2万円)程度。

韓国の旅行業界関係者によると、五輪期間中は平昌など

会場周辺の旅行代理店が宿泊料金を軒並み値段を

つり上げているという。しかし、客側も

「値段を聞くだけ聞いて予約はしない」ケースが多く、

宿側との「心理戦」が展開されている。

会場周辺の各都市では、宿泊施設の予約率はまだ10%どまり。

旅行業界全体で適正な宿泊価格について話し合っているが、

今後値下がりするかどうかは定かではない。


江原道当局は、五輪期間中は1日当たり約10万4000人の観光客が訪れ、

うち60%が現地に宿泊すると予測している。

客室約3万室が必要とみられるが、

すでに約4万3000室の供給があるため、

価格は自然と下がっていくとの見方も出ている。
















posted by よろずけんこう at 08:06| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする