2017年05月27日

タイの僧侶が賽銭で中国旅行!批判集中!中国メディア


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201705/20170525-03595898.jpg


2017年5月25日、鳳凰網によると、

タイの僧侶が寺の賽銭を使って中国・北京を旅行する写真が

ネットに掲載され、タイ国内で波紋を呼んでいる。


問題となった写真は24日、

交流サイト・フェイスブックに掲載された。

黄色い僧衣を着た僧侶数人が、

北京の街角や観光地で自撮りをしたり、

体をくねらせてしなをつくる様子が写っている。


写真の僧侶たちについて、

ネット上でタイ北部の寺の僧侶と身元が特定された。

さらに寺の賽銭を使って旅行していたとも指摘され、

タイのネット上では激しい批判を浴びている。

僧侶たちは移動の旅客機内から路上までいたるところで写真を撮影。

楽しそうに休暇を過ごす様子が、写真を見た人の怒りに油を注いでいる。



















posted by よろずけんこう at 08:02| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

中国のネコノミクスは日本以上?猫好き急増でビジネスチャンス!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201612/20161220-03570855.jpg


2017年5月24日、ロイター通信によると、

中国でペット用の電子機器市場が拡大し、

ビジネスチャンスも増えつつある。参考消息網が伝えた。


中国では中産階級の増加とともに、ペットブームが起きている。

北京大学で中国文学を教える女性(39歳)は、

飼っている犬にGPS(全地球測位システム)が

仕込まれた首輪を付けている。女性は「公園で遊んでいる時、

走って外で出ていってしまったことがあった。

GPSを付けていて助かった」と話す。しかし、

一部で宣伝されている「ペットの言葉が翻訳できる」

などのサービスをうたった電子機器は「あおりすぎで信じていない」という。


中国のペット用電子機器市場は今後、

年間20~25%のスピードで拡大するとの試算もある。

香港の電子機器メーカーは「中国のペット用電子機器シェアは

世界市場の5%を占める」と指摘。米国の市場調査機関は

「16年末時点で中国のペット用電子機器市場価値は10億ドル

(約1118億円)に達した」としている。

24年には世界シェアの20%以上に拡大すると予測。

世界市場規模も25億ドル(約2795億円)まで拡大するとみている。



















posted by よろずけんこう at 07:39| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

NYに初のアマゾン実店舗!アプリで購入!現金は使えず!


https://www.cnn.co.jp/storage/2017/05/26/2d4af3c8a80736c5b007d2f117095910/amazon-first-bookstore-nyc-money.jpg


ニューヨーク(CNNMoney)

米ネット通販大手のアマゾンは25日、

ニューヨーク市内で初となる書籍販売の実店舗を開店した。


マンハッタン中心部のタイム・ワーナー・センターにある

「アマゾン・ブックス」は一見、普通の書店のように見える。

書籍は3000タイトルをそろえ、アマゾンの電子書籍リーダー

「エコー」や「キンドル」を試用して買うこともできる。


書籍はすべて表紙を表にして陳列され、

アマゾンのサイトの読者投票で獲得した星の数やレビューの数も表示。

サイトと同様、「この作品がお好きなら、ぜひこちらも」

というお薦めもある。一方、値段は意図的に表示していない。


値段はアマゾンのアプリ「プライム」を使って

表紙をスキャンすると表示される。

有料会員であれば会員価格で購入できるが、

会員でない場合は定価での販売となる。


会員価格で購入するには、レジでアプリのQRコードを

スキャンしてもらう。代金は会員用アカウントに課金するか、

クレジットカードで支払う。現金での支払いは受け付けない。

買った本はその場で持ち帰ることができる。


全米でアマゾンが展開する実店舗はこれで7店目。

年内にはマンハッタンの2店目も含め、さらに6店の開店を予定している。

実店舗への進出には、有料会員を増やそうとする狙いが見える。


アマゾンは、昔ながらの書店を廃業に追い込んだとして批判されてきた。

そのうちの1社、ボーダーズは2011年、

400近い小売店舗のほぼ全店が閉鎖に追い込まれ、

今のアマゾンの新店舗と同じ場所にあったマンハッタンの店も閉店した。



















posted by よろずけんこう at 05:57| Comment(0) | ニュース・一般 | 更新情報をチェックする