2017年11月15日

嵐・二宮和也が休みの日に家から出ない理由、なぜか韓国で共感!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201711/20171113-065134961.jpg


2017年11月12日、韓国のインターネット掲示板で

嵐・二宮和也の発言が紹介され、

韓国の若者たちの共感を呼んでいる。


「日本の芸能人が家から出ない理由」とのタイトルで

韓国の掲示板などで広まっているのは、

2日放送された番組「徹子の部屋」でのワンシーン。

ゲスト・二宮の「謎の私生活」に迫ろうと、

MCの黒柳徹子が「休日はどう過ごしているのか」と質問した。

すると二宮は「1人で家でゲームをやっています。

休みで外に出ることがない。何回も誘いを断っていたら、

誘われなくなった」と寂しげな日常を告白。

同じ事務所のV6・岡田准一と久しぶりに飲みに出掛けた際も、

写真を撮られてしまい「嫌だなあと思った」という。


しかしそれだけではない。二宮が外出しようとしない理由は何より

「休みの日くらい家にいないと家賃がもったいない」

と感じているからだそう。

この発言はスタジオやお茶の間の笑いを誘ったようだが、

韓国では若い世代を中心に共感を呼んでいる。


掲示板には「ええっ!斬新な考え方」「まさか賃貸?嵐なのに?」

「いったいどれだけの家賃なんだろう?」など驚く声もあったが、

「なるほどねえ。なんだか納得しちゃう」「当たってる」

「分かるなあ」「一理ある」「僕もだよ」

「来年には家を買わなきゃいけない立場として共感」

といったコメントが数多く寄せられている。


また、「ものすごい説得力!」「反論不可能」「論理的だなあ」

「天才だ(笑)」とか、「ニノらしい」

「ニノが言うと説得力がアップする」など、

「二宮式」思考に感心する人も。


一部、「実に日本人らしい回答だと思う」

「日本は家賃が高いからねえ」「中でも東京の家賃の高さは

世界レベルでしょ」と、日本ならではの回答とする

コメントもあったが、共感コメントの数をみるに、

韓国でも都市部の高い家賃に苦労している若者が多いようだ。

















posted by よろずけんこう at 08:07| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする

「独身の日」大セールの売れ行きランキングで韓国製品が転落!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201711/20171112-035134566.jpg


2017年11月11日、中国でネット通販が1年で最も盛んになる

「独身の日」が終了した。韓国製品の販売は2016年には

外国製品中3位だったが、今年は5位に転落した。

環球網が伝えた。


韓国紙・亜州経済によると、11日の中国電子商取引大手・

アリババ傘下のネットモール「天猫(Tmall)」の取引総額は

1682億元(約2兆8700億円)。巨大消費の波は

世界225カ国・地域に及び、海外製品の販売ランキングで

1位は日本だった。2位以下は米国、豪州、ドイツ、韓国が続いたが、

韓国は前年から二つも順位を下げた。


韓国製品では化粧品分野でイニスフリー(悦詩風吟)が9位

に入るなど健闘したが、スマートフォンでは

販売1位はアップルで、2〜3位は中国系の小米(シャオミ)と

華為(ファーウェイ)。韓国のサムスンは8位と振るわなかったという。


中韓関係は少しずつ回復に向かいつつあるものの、

在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を

めぐる問題などによる関係悪化の影響がなお残る結果となった。

















posted by よろずけんこう at 07:31| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

西安の建都の歴史、5500年前に開始か!中国


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201711/20171113-000134945.jpg


陝西省考古研究院が9日に発表した情報によると、

同省の楊官寨遺跡の調査に重大な進展があった。

初めて廟底溝文化大型墓地が発見・確認されたことをうけ、

西安建都の歴史が5500年以上前の

廟底溝時代まで遡る可能性がある。

中国新聞網が伝えた。


今回発見された廟底溝文化墓葬はいずれも小型で、

副葬品が非常に少ないことから、

同遺跡の廟底溝時代における一般人の公共墓地であったと

推測できる。考古学者は近年、楊官寨遺跡の考古発掘作業により、

同遺跡の全体的な構造をほぼ把握している。

大型環壕の廟底溝文化集落、両側に層を作るように

大量の陶器が置かれている西門址、

環壕内部の盛り土と思しき痕跡、

集落中央の人口水利施設などが明らかになった。

さらに今回見つかった東区に位置する大型一般人公共墓地により、

古代都市の様子が浮かび上がってきた。

これらの推論が証明されれば、楊官寨遺跡は廟底溝時代の関中地区で

最大規模かつ最も格式の高い集落という、

都としての性質が明らかになる。これにより、

西安建都の歴史が5500年以上前の廟底溝時代まで遡る可能性がある。

















posted by よろずけんこう at 06:10| Comment(0) | サイエンス・ニュース | 更新情報をチェックする