2017年05月26日

中国にはほとんどないのに日本ではどこでも見られる3つのもの!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201705/20170525-06295820.jpg


2017年5月25日、中国のポータルサイト・今日頭条が、

中国にはほとんどないのに日本では

どこでも見られるものについて紹介する記事を掲載した。


記事が最初に紹介したのは「印鑑」だ。

日本では印鑑なしでは生活できないと指摘。

政府機関の各種手続きや銀行口座の開設、各種契約書、

さらには休暇申請書にまで印鑑が必要で、

特に実印は極めて重要で、役所に登録することで

大きな法的効力を有すると伝えた。


次に紹介したのは「手帳」だ。記事は、日本のスケジュール表は

「変態的なまでに発展した」と形容。学生も教師も上司も部下も、

日本ではみんなが手帳を使用してスケジュールを書き込んでおり、

年末になると手帳売り場には非常に多くの種類の手帳が売り出されると伝えた。


さらに紹介したのが「表札」だ。

日本では多くの家に名字だけの表札がかかっているとし、

日本では夫婦同姓のため名字だけの表札で大丈夫なのだと伝えた。


これに対し、中国のネットユーザーから

「これは中国だけなく、欧米にもほとんど見られないものだろ。

だから別におかしなことではない」との指摘があった。


また、「サインは模倣が難しいが印鑑は簡単だからなあ」

「中国では母印が主流だな。印鑑は簡単に偽物が作れてしまうから」

とのコメントが寄せられ、偽造が中国で印鑑の廃れた主な理由のようである。


ほかには「90年代ころから中国では印鑑を使わなくなった。

今では画家や書道家が自分で彫った印鑑を使うだけだ。

中国の伝統文化は廃れてしまったが、

日韓が継承してくれてよかったよ」というユーザーもいた。



















posted by よろずけんこう at 14:54| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

中国の女優が上海ディズニーにクレーム!ディズニー側は反論!


http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201705/20170525-05295822.jpg


2017年5月25日、新聞晨報によると、

中国人女優ホアン・シャオレイ(黄小蕾)が

上海ディズニーランドで、

子どもの身長をめぐってキャストとトラブルを起こした。


ホアン・シャオレイは24日午前、中国版ツイッター・微博

(ウェイボー)で経緯を説明。身長が98センチメートルだという

自身の子どもが乗れる「7人の小人トロッコ」に並んだところ、

子どもの身長を測ったキャストから

「基準の97センチに足りない」と言われたという。


ホアン・シャオレイの言い分によると、

「キャストは『身長が足りているのは(結んだ)髪の毛の分だ』

『正しい場所に立っていない』などの難癖をつけて

子どもに何度も身長を測らせ、大泣きさせる傲慢さだった」といい、

見かねてキャストと口論を繰り広げたという。

「キャストの態度は終始冷淡で、担当者も傲慢かつ非礼だった」

と怒りを露わにしている。


しかしその後、当事者のキャストとみられる人物が

中国版ツイッターで反論。

「身長が足りなかったのでやんわりとお断りしたが、

『医学的に97センチ以上ある』と主張して

無理やりアトラクションに進入した。

身長を何度測りなおしても基準に満たないことが分かると怒り出し、

営業を妨害したうえ、他のお客さんを雨に濡れた状態で10分近く待たせた。

私たちを侮辱し続けた」と主張。

その時に負傷したものとして腕や首が赤くなっている写真を掲載した。


そして、上海ディズニーリゾートは同日、

「キャストは毎日お客様のために質の高いサービスを提供しています。

お客様もスタッフに対して最低限の尊重と礼儀を持って接していただきたい。

悪質な行為によって他のお客様やキャストの安全に

影響を及ぼすお客様については、直ちに園からの退出を求めるとともに、

今後の入園をお断りします」とのコメントを発表している。

この騒動について、中国のネット上では

ホアン・シャオレイを批判する声がある一方、

上海ディズニーランドのキャストの態度に対する批判も出ていて、

賛否が分かれている。


















posted by よろずけんこう at 14:22| Comment(0) | 中国関連ニュース | 更新情報をチェックする

アリアナ・グランデ、公演ツアー中断を発表!英でのテロ受け


https://www.cnn.co.jp/storage/2017/05/25/4870961a53f8b746f7462581b61d82b5/ariana-grande-us-singer.jpg


ニューヨーク(CNNMoney)

英マンチェスターのコンサート会場で起きた自爆テロを受け、

米人気歌手のアリアナ・グランデさんは25日までに

当面の公演をキャンセルすると正式に発表した。

22日の事件はグランデさんのコンサート終了直後に起きた。


グランデさんは「デンジャラス・ウーマン」と銘打ったツアー中で、

25、26日にはロンドンのO2アリーナでの

コンサートが予定されていた。だが声明でグランデさんは、

6月5日までのすべての公演を中止すると明らかにした。


グランデさんのマネジメントチームは24日、声明を出し、

「マンチェスターでの悲劇的な出来事を受けて、状況をさらに検討し、

そして亡くなった方々にしかるべき敬意を払うため、

ツアーを中断することとした」と述べた。


「すべての人々がマンチェスター市ならびに

この卑怯(ひきょう)で非常識な暴力行為の被害に遭われた

家族への支援を続けることを求める。

私たちの暮らしはまたも脅かされたが、

一緒に乗り越えていけるはずだ」


キャンセルされたのはロンドンのほか、ベルギー、ポーランド、

ドイツ、スイスの4カ国で予定されていた計7公演。

6月5日以降にも28回を超える公演が予定されているが、

行われるかどうかは明らかになっていない。


グランデさんは23日午後にフロリダ州の地元ボカラトンに

戻ったところを目撃されている。


ツアーを主催するAEGライブ社は、

中止分のチケット代金はすべて返金するとしている。



















posted by よろずけんこう at 07:54| Comment(0) | 芸能・ニュース | 更新情報をチェックする